蒲原監督の采配が的中。佐賀東が2年連続で全国への切符を獲得!:佐賀

蒲原監督の采配が的中。佐賀東が2年連続で全国への切符を獲得!:佐賀

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/12
No image

[11.11 選手権佐賀県予選決勝 佐賀東高 1-0 佐賀学園高 ベアスタ]

第96回全国高校サッカー選手権佐賀県予選の決勝は、苦しみながらも勝ち上がり、2年連続の選手権出場を狙う佐賀東高と、カウンターを武器に16年ぶりの選手権出場を目指す佐賀学園高の対戦となった。

序盤、佐賀学園は1分足らずで左MFの吉田正輝(3年)がシュートを放つと、その後も佐賀東ゴールに迫るがゴールは奪えない。すると、徐々に流れは佐賀東へと移っていく。チームの伝統でもあるパスをしっかりとつないで攻撃を組み立て、佐賀学園のゴールを脅かす。

しかし、「(相手ゴール前までは行くが)そこから先のシュートが少なく、その精度も低い」と試合後に蒲原晶昭監督が嘆いたように、決定的な場面を作れずに試合は進む。一見、試合の主導権はボールをキープする佐賀東にあるように見えた。だが、佐賀学園はこうした展開に慣れており、彼らのプランどおりに試合が進んだと言える。

0-0のまま迎えた後半、最初に動いたのは佐賀東。7分、FW宮城恵太(3年)に代えて、この予選すべての試合でゴールを挙げているキャプテンの江頭弘太(3年)を投入。その4分後、江頭が早速シュートを放つ。そして迎えた18分、左SB都渡倭(3年)の低いクロスにダイレクトで江頭が右足を合わせて先制点を奪う。

蒲原監督は「江頭は点に一番絡むので、そこは後出しでうまくいった」と笑みを見せた。殊勲のゴールを挙げた江頭は「走り込んだところにボールが来ると信じていて、そこにいいボールが来たのであとは決めるだけでした」と笑顔で振り返った。この1点を守り切り、佐賀東が2年連続で高校選手権への出場を決めた。

佐賀学園はコンパクトな陣形から粘り強い守備でボールを奪うと、一気に前線の小田和博(3年)や中島廉史(3年)にボールを集めてチャンスを伺った。しかし、準決勝までの4試合で16ゴールを挙げた攻撃陣が不発に終わり、16年ぶりの選手権出場とはならなかった。

準々決勝を逆転勝ち、準決勝をPK戦(9-8)の末に勝ち上がって来た佐賀東イレブンは、こうした厳しい試合を経験してたくましいチームへと成長しようとしている。蒲原監督は「(選手権大会までの)2か月弱でチームは伸びるので、そこに期待を込めてひとつでも上に行けるように」と抱負を語った。

(取材・文 荒木英喜)▼関連リンク

●【特設】高校選手権2017

★日テレジータスで「高校選手権」地区大会決勝を全試合放送!11/20(月)14時~運命の「抽選会」を生中継!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「美人部屋」で話題沸騰! なでしこジャパンFW岩渕が20歳DFとの2ショット公開
来年4月のアジア杯見据えたヨルダン遠征、なでしこJは復活岩渕2発でヨルダンに勝利
日本代表、E-1選手権の招集メンバーを29日に発表 W杯へ“国内組サバイバル”過熱
日本黒星発進、一時逆転も富樫「勝ちきれなかった」
世界一のプロゲーマー「ときど」に『笑ってコラえて』が密着 eスポーツに注目高まる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加