7〜9月の設備投資、3年半ぶり前年割れ 円高で製造業にブレーキ、法人企業統計

  • 産経ニュース
  • 更新日:2016/12/01

財務省が1日発表した7〜9月期の法人企業統計によると、金融・保険業を除く全産業の設備投資は前年同期比1・3%減の10兆3521億円だった。前年割れは平成25年1〜3月期以来、14四半期(3年半)ぶり。

円高による収益力低下が設備投資意欲に響いた可能性がある。売上高は1・5%減だったが、経常利益は11・5%増と、4四半期ぶりの増益だった。

設備投資の内訳は製造業が1・4%減、非製造業が1・3%減だった。売上高は製造業が3・4%減、非製造業は0・7%減。経常利益では製造業が12・2%減、非製造業が24・5%増となり、いずれも製造業の停滞が目立った。

製造業では、情報通信機械業や食品業が円高で振るわなかった。非製造業では小売業などで訪日外国人の消費額の単価が減少。一方、サービス業では子会社からの配当受け取りが拡大し、利益を押し上げた。

季節調整済みの設備投資(ソフトウエアを除く)は、前期比0・4%増だった。今回の結果は、政府が8日公表する7〜9月の国内総生産(GDP)改定値に反映される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
おんな一人旅に人気の温泉地ランキング
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
7-9月期は前年同期比7.3%増~消費主導の高成長も、先行きは減速不可避~
安倍さんの“おかげ”です! 日本でも“富裕層”が増加?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加