石原さとみ主演『アンサング・シンデレラ』ポスタービジュアル完成

石原さとみ主演『アンサング・シンデレラ』ポスタービジュアル完成

  • TVLIFE
  • 更新日:2020/03/22
No image

4月9日(木)スタートの石原さとみ主演のフジテレビ木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』のポスタービジュアルが完成した。

本作は、連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。石原演じる病院薬剤師・葵みどりが、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いていく。

ポスタービジュアルでは、石原演じるみどりを中心に、部長の販田聡子(真矢ミキ)、副部長の瀬野章吾(田中圭)、刈谷奈緒子(桜井ユキ)、羽倉龍之介(井之脇海)、そして新人の相原くるみ(西野七瀬)が結束して働く様子が描かれ、薬剤部メンバーではない小野塚綾(清原翔)は少し離れた位置からみどりたちに優しいまなざしを送っている。

キャッチコピーは「患者の未来と、向き合っている。見えないところで、支えている。」。医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても、スポットライトの当たらない場所で日々奮闘している薬剤師に対し、石原は「とても尊くて、かっこいい」と敬意を表する。

ビジュアルを手掛けたアートディレクターの高尾裕司(環七グラフィック)は「アイスグリーンは再現の難しい色調なので苦労しましたが、爽やかで清潔感のあるポスターに仕上がったと思います」とコメントを寄せている。

<プロデュース・野田悠介(フジテレビ第一制作室)コメント>
「私たちが見かける薬剤師の姿は、カウンターで薬袋を受け取る瞬間が一番多いと思います。その姿にみどりを重ね合わせ、普段私たちが知ることのないカウンターの奥で、どう薬剤師が働いているのかをイメージしました。裏側には、見えないところで支えてくれている薬剤師たちのカッコ良さや信念があります。彼らの知られざる姿に希望を感じていただきたいです」

木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』
フジテレビ系
4月9日スタート
毎週(木)後10時~10時54分
※初回15分拡大(後10時~11時09分)

<あらすじ>
葵みどり(石原さとみ)は萬津総合病院薬剤部で働くキャリア8年目の病院薬剤師。同じ薬剤部のベテラン薬剤師・刈谷奈緒子(桜井ユキ)の指示の下、羽倉龍之介(井之脇海)や工藤虹子(金澤美穂)ら病院薬剤師たちが、山のように舞い込んだ処方箋を一つ一つ確認し、調剤、監査、投薬といった膨大な作業量をスピーディーにこなしていく。ある日、そんな薬剤部に新人の相原くるみ(西野七瀬)がやってくる。人手不足に頭を抱える薬剤部にとっては明るいニュースだが、「向いてなかったら辞めようと思っています」ときっぱり言い切るくるみ。薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)がくるみを連れて院内を案内していると、救急センターに心停止の急患が運ばれてくる。そこでくるみは、医師や看護師と連携して緊急処置に当たる病院薬剤師・瀬野章吾(田中圭)とみどりの姿を目の当たりにする。

<出演者>
石原さとみ、西野七瀬、清原翔、桜井ユキ、井之脇海、金澤美穂/真矢ミキ/迫田孝也、池田鉄洋、でんでん・田中圭

<スタッフ>
原作:『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』荒井ママレ/医療原案:富野浩充(『月刊コミックゼノン』連載/コアミックス)
脚本:黒岩 勉(『グランメゾン東京』)
プロデュース:野田悠介(『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』『コード・ブルー特別編-もう一つの戦場-』)
演出:田中亮(『コンフィデンスマンJP』『ディア・シスター』)
制作・著作:フジテレビ第一制作室

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/unsung/
公式Twitter:@unsung2020

©フジテレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『水ダウ』浜田全カット企画より悪質? 抗議電話800件以上、とんねるず伝説の大炎上ドッキリとは
広瀬すずVS石原さとみ“ガチ口論”でバチバチ!「コワ過ぎる~」
「サーティワン」新CMにHey! Say! JUMP山田涼介、子供たちと一緒に誕生日会
本木雅弘、紅白出場時の「液体入りスキン」と「割れ目披露」に驚愕!
今夜の「プロフェッショナル 仕事の流儀」は“夢と魔法の王国”スペシャル!NHK総合22:30~【だってTDRが好きっ!】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加