バンドやめようぜ!英国人ジャーナリストが書きつづる日本の音楽文化

バンドやめようぜ!英国人ジャーナリストが書きつづる日本の音楽文化

  • ナタリー
  • 更新日:2017/11/15

イアン・F・マーティンの著書「バンドやめようぜ!――あるイギリス人のディープな現代日本ポップ・ロック界探検記」が11月25日に刊行される。

No image

イアン・F・マーティン「バンドやめようぜ! あるイギリス人のディープな現代日本ポップ・ロック界探検記」表紙

イアンは英字新聞「The Japan Times」の音楽欄に寄稿するイギリス人ジャーナリスト。およそ13年間にわたって日本に滞在しており、今年6月に発売された書籍「別冊ele-king『コーネリアスのすべて』」ではCorneliusを分析したテキストを発表したほか、音楽レーベルCall And Response Recordsのオーナーとしても活動を行っている。

今回リリースされる書籍「バンドやめようぜ!」はイアンが2016年11月に発表した著書「Quit Your Band! Musical Notes from the Japanese Underground」を、坂本麻里子が日本語に訳したもの。日本のポピュラー音楽史をはじめ、アイドルをめぐるセクシャルポリティクス、音楽メディア、ライブハウス事情など、さまざまな視点から日本の音楽文化について書きつづったものとなっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「SKE48」のニューシングルの選抜メンバーが発表
【速報】ACIDMAN主催フェス「SAI」フィナーレ! 祝祭の夜にロックの銀河を観た
GLIM SPANKY、映画主題歌「愚か者たち」発売&初の日本武道館公演決定!
DAOKO、まさかのベックとのコラボが実現!「UP ALL NIGHT x DAOKO」本日配信リリース
DaizyStripper、年明けシングルをKen(L'Arc〜en〜Ciel)がサウンドプロデュース!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加