ソフトバンク、タッチ液晶搭載のキッズケータイ「キッズフォン」

ソフトバンク、タッチ液晶搭載のキッズケータイ「キッズフォン」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/01/12
No image

ソフトバンクは1月12日、2.8インチのタッチ液晶ディスプレイを搭載した子供向けケータイ「キッズフォン」(ZTE製)を発表した。発売は4月の上旬以降。

「通話定額ライト基本料(みまもりケータイ)」および、「専用2年契約(みまもりケータイ)」に申し込んだ場合、基本利用料金はひと月あたり490円(税別)。1回あたり5分以内の国内通話は無料で、5分を超えると、30秒あたり20円がかかる。申込日の時点でユーザーの年齢が12歳以下であった場合、「基本料2カ月無料キャンペーン(U12)」によって、2カ月間だけ利用料金が免除となる。

メインカメラの画素数は約500万画素、インカメラの画素数は約200万画素。100種類以上の顔認識スタンプを搭載し、撮影する人物の顔にスタンプを合成して遊べる。カメラの利用制限は、キッズフォンに用意された保護者専用の設定画面から行う。電話番号やメールアドレスなどの連絡先は、20件まで登録できる。登録した電話番号とメールアドレス以外から、着信やメールがあった場合に、ブロックする設定も可能だ。

キッズフォンの端末は、Wi-Fi自体は搭載しているが、Wi-Fiによるインターネット接続はできない。キッズフォンのWi-Fiは、「ただいま通知」サービスに利用する。「ただいま通知」は、事前に登録したWi-Fiのネットワーク圏内に対象端末が入ると、保護者のスマホに通知が届くというもの。

たとえば自宅のWi-Fiを登録しておけば、キッズフォンを持った子供が家に帰った時に、保護者のスマホに通知が送られる。事前に登録した端末の位置を地図上に表示するサービス「みまもりマップ」も使えるため、保護者はキッズフォンを持たせた子供の居場所を自分のスマホから確められる。このほか、主なスペックは以下の通り。

サイズ: W57×H100×D15.3mm

重量: 110g

ディスプレイ: 2.8インチ TFT液晶

ディスプレイ解像度: 320×240ピクセル

アウトカメラ: 約500万画素

インカメラ: 約200万画素

外部ストレージ: 非対応

防塵・防水: IP55

バッテリー容量: 1,200mAh

3G(W-CDMA): Band1、Band8

FDD-LTE: Band1、Band3、Band8

TDD-LTE: Band41

AXGP: Band41

Bluetooth: 非対応

カラーバリエーション: ブルー、ピンク、イエロー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
増田さんって誰? ネットでよく見る謎の人物「増田」の正体
エレキ&アコギで演奏すると「バーチャルなバックバンド」が自動伴奏を演奏&MIDI出力可能な「OMB」
この冬最注目のスマホ『HUAWEI Mate 10 Pro』の実力を動画で解説!
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 900円台のPCバッグや折りたたみチェアがお買い得に
超人気アダルトサイトが2017年をまとめた統計レポートを公開、日本人ユーザーのフェチも明らかに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加