【BMW X3 試乗】“しんなり”とした乗り味へと進化...島崎七生人

【BMW X3 試乗】“しんなり”とした乗り味へと進化...島崎七生人

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/13
No image

BMW X3 xDrive20d xLine

もっと画像を見る
おやっ!?と思わせられたのは乗り味だった。SUV(BMWでは“SAV”と言う)であってもBMWらしい走りの味…従来のそんな“趣”が、やや違う感触に思えたから、だ。

具体的にいうと、異例なほど“しんなり”としていたのである。BMWといえば、なめらかだがボディの動きに無駄のない印象と、スパッ!と爽快なステアリングフィールが持ち味。ところが新型『X3』は、走り始めからクルマの動きがしんなりとして感じるのである。上級の『X5』や『5シリーズ』のセダンのラグジュアリーモデルを思わす上質で快適な乗り味に誰もが感じるはず。

標準採用されるタイヤは「YOKOHAMA ADVAN Sport V105」。クルマから降りて観察すると、ボディが路面に乗った状態でサイドウォールがかなり丸みを帯びていて、この“丸さ”も、しんなりとした乗り味に一役買っているのではないか…と感じた。

とはいえ、そういう“足”の設定でも、ワインディングをまったく危なげなく走り切るのはさすが。これまでのXシリーズ同様の、結果的にスポーティな身のこなしは健在…というより、より洗練度を高めている。

洗練度といえば試乗車が搭載する2リットルツインターボディーゼル(184ps/38.7kgm)+8速ATの仕事ぶりは、憎いほどに完璧。ジワッとアクセルを踏み込んだところからドライバーの意思どおりにクルマを動かすし、スピードレンジが高くても、まるでよくできたガソリン車を走らせているように、活き活きとした走りを見せる。エンジン振動の小ささも高級感がある。

インテリアは、BMWらしいドライバーを心地よく包み込む空間に仕立ててある。後席はやや硬めのシートクッションと的確なシェープで乗員の体を受け止めてくれ、サイドウインドのベルトラインが低めで、同乗者に明るい視界を提供しているのがいい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ミッドウェー・ガダルカナルに学ぶ戦略・構想の重要性――元自衛隊統合幕僚長が教える本質
コンビニ倒産急増 人手不足で24時間営業見直し シェア自転車、ジム、コインランドリーなど多角化
トヨタ、燃料電池車 ミライ をカナダに初投入へ...2018年内
ベーシックインカムは意欲向上、ストレス軽減に効果的? 実験参加者の声
革命的ガソリンエンジンや次世代デザインを登場させるマツダーー創業100周年「改革の全貌」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加