思わず共感!ぶっちゃけ見ててイライラするSNS投稿5選

思わず共感!ぶっちゃけ見ててイライラするSNS投稿5選

  • ラルーン
  • 更新日:2017/12/06

友達や知らない人といつでも交流ができるSNS。

とても便利である一方、見ていてイラッとする投稿を見つけることも……。

今回は思わず共感してしまうSNSの「イライラ投稿」をご紹介します。

1)過剰な自撮り
イライラNO1はやはり「自撮り」。

ただの自撮りなら良いものの、その回数が多い、加工が激しい、何十回も撮りなおしたであろう写りの良さを感じる投稿は見ている人をイラッとさせるようです。

「かわいい!」などのコメントに謙遜で返すのも「わざわざアップしてるくせに……」と白けさせてしまいます。

2)愚痴・悪口
会社の愚痴、旦那さんや姑の悪口などを過剰に投稿する人。

人間なのでたまの愚痴や悪口は許容範囲ですが、あまりに毎日投稿され続けると「見るほうの気持ちにもなってよ……」とゲンナリ。

自分もどこかで言われてるのかな?と不安にもなります。

3)自慢
高いものを買った、高いものを食べた、有名人とお近づきになったなどの投稿が常に続くと「自慢ばっかり」と思われてしまうよう。自慢はほどほどに!

4)シェアのしすぎ
記事のシェア、リツイートなどを過剰にする人もイライラの対象。

タイムラインが一人の人のシェアで埋まってしまうことも……。

そんなにシェアばかりして自分の意見はないのか、と言いたくなってしまいます。

5)攻撃的な人/礼儀がなっていない人
初めてSNS上で話すのに突然強い口調で意見を言ってくる、馴れ馴れしい口調で話しかけてくるなどは当然NG。

顔は見えなくても相手は人間。最低限のマナーは守るようにしたいもの。

自己満足だけで投稿してしまうと、知らない間にまわりをイラッとさせているかも。

人のフリ見て……という言葉もありますし、投稿する前にその言葉が誰かを不快にしないかどうか、一度見直してみるのも大切かもしれません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
LINE“送信取消”は全然ダメ!誤爆を防ぐにはむしろこの設定
この絵をパッと見て、最初に何が見えた?心の奥底を探る心理テスト
外国人「日本の1円硬貨には世界で唯一の特徴があるらしい...試したらホントだった!」
あなたは何タイプ? お酒の強さがDNAレベルでわかる
白人女性からファーストクラス搭乗を疑われた黒人男性の切り返し
  • このエントリーをはてなブックマークに追加