RIZAPグループ---買い優勢、第1四半期決算は想定内の着地、優待利回りを材料視する向きも

RIZAPグループ---買い優勢、第1四半期決算は想定内の着地、優待利回りを材料視する向きも

  • FISCO
  • 更新日:2017/08/10
No image

株式会社フィスコ

RIZAPグループ<2928>は買い優勢。18年3月期第1四半期の売上高は前年同期比44.5%増の286.52億円、営業利益は同27.5%減の27.01億円で着地。主力のRIZAP事業で、ボディメイクを通じて生活習慣病の改善など健康管理に重点をおいたビジネスモデル確立に向け、各種先行投資を実施。上期計画に沿った想定内の着地となっている。なお、9月30日を基準日とする1株につき2株の割合で実施する株式分割も発表。優待は据え置きのため、優待利回りが実質的に2倍となっている点を材料視する声もあるようだ。

<WA>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
死ぬまで働く以外に道はないのか? 最底辺に墜ちた日本人の老後
今年上半期の転職成功者の平均年齢は32.1歳、売り手市場は継続
「三宮東急REIホテル」、全面リニューアル完了 ”みなとまち神戸”をイメージ
BMW『R80RT』の面影は......ほぼなし!もはや芸術的なカスタムバイク『White Phantom』
「人手不足倒産」が日本を襲い始めた...「求人難倒産」、前年比2倍のペース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加