最新ランキングをチェックしよう
RIZAPグループ---買い優勢、第1四半期決算は想定内の着地、優待利回りを材料視する向きも

RIZAPグループ---買い優勢、第1四半期決算は想定内の着地、優待利回りを材料視する向きも

  • FISCO
  • 更新日:2017/08/10

株式会社フィスコ
RIZAPグループ<2928>は買い優勢。18年3月期第1四半期の売上高は前年同期比44.5%増の286.52億円、営業利益は同27.5%減の27.01億円で着地。主力のRIZAP事業で、ボディメイクを通じて生活習慣病の改善など健康管理に重点をおいたビジネスモデル確立に向け、各種先行投資を実施。上期計画に沿った想定内の着地となっている。なお、9月30日を基準日とする1株につき2株

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
3万円で自転車の積載量が劇的にアップ。工具不要で脱着できるコンパクトなトレーラー
今、証券会社のトップ営業マンが続々と転職している「ある職業」
三菱ケミカルが新チームで挑む「脱・茹でガエル」作戦
資生堂、米国事業が完全失敗...655億円の巨額損失
今年の漢字は「北」に決まる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加