秋山準「何でもいいよ」ヤケで挑戦者決定戦実施へ

秋山準「何でもいいよ」ヤケで挑戦者決定戦実施へ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/14
No image

勝利した秋山組。左から丸山敦、1人置いて秋山準、ウルティモ・ドラゴン(撮影・鈴木正人)

<全日本:後楽園大会>◇13日◇後楽園ホール

GAORA TV王者秋山準(48)が、7度目の防衛を果たした。

挑戦者の西村修と、6人タッグ戦で、リーダーの秋山と西村が対戦相手の誰かをフォールしたら勝利という変則ルールで行われた。秋山は丸山、ウルティモ・ドラゴンと組み、西村、渕、阿部組と対戦。秋山は、味方の丸山の危なっかしい戦いと、ウルティモ・ドラゴンがルールを理解していなかったことで、苦しい戦いを強いられた。再三のピンチをしのぎ、最後は渕を横入り式エビ固めで破り勝利した。

試合後、丸山から「次はバトルロイヤルで挑戦者を決めたい」と言われた秋山は「もう、何でもいいよ」とヤケ気味に提案を受け入れた。丸山は3月19日の後楽園大会で、第1試合の前に、秋山の挑戦者を決定するバトルロイヤルを実施することを勝手に決めてしまった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
AJスタイルズ王者の貫禄 コービンにフォール勝ち
【新日本】EVILが左眼窩底骨折で欠場へ
山中慎介「必ず奪い返す」ベルト色“神の左”で決意
ディック・ザ・ブルーザー&クラッシャー・リソワスキー “生傷男”と“粉砕者”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第22話>
【WWE】アスカが王座奪取宣言直後、ナイアの襲撃に撃沈!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加