ハンド代表の高校生、部井久アダムが欧州クラブ交渉

ハンド代表の高校生、部井久アダムが欧州クラブ交渉

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14
No image

シュートを放つ部井久(2018年1月13日撮影)

<ハンドボール国際親善試合:バーレーン21-20日本>◇13日◇東京・アリーナ立川立飛

男子初の高校生代表、部井久アダム(18=福岡・博多高)が、世界を目指してアジア選手権(18日開幕、韓国)に臨む。日本は壮行試合のバーレーン戦に20-21と惜敗。部井久は腰痛で限られた出場時間ながら豪快なシュートで1得点し、観客を沸かせた。

昨年7月の日韓戦で代表デビューした「将来のエース」(シグルドソン監督)は、卒業後の欧州クラブ入りを目指す。中大に籍は置くものの「強い当たりに慣れるためにも、海外でプレーしないと」と語る。既に数クラブと交渉中で、アジア選手権での活躍は欧州移籍の後押しにもなる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【山口|新体制】攻撃サッカーを胸に“霜田レノファ”が始動!三幸秀稔が新キャプテンに就任
[日本高校選抜選考合宿]日章学園FW佐藤颯汰(3年)「プロとしてスタメン出場することが今年の目標」
[日本高校選抜選考合宿]前橋育英DF後藤田亘輝(3年)「ここがスタートだと思うので、しっかり結果を残せるように」
アイホ女子代表「メダルへの挑戦」壮行会で大沢宣言
ラミレス監督、年内にも日本帰化へ 「日本国民として頑張っていきたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加