ソフトBグラシアル、安心して引っ張れたランエンドヒット 決勝弾呼んだ「3者」の仕掛け

ソフトBグラシアル、安心して引っ張れたランエンドヒット 決勝弾呼んだ「3者」の仕掛け

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/10/23

◇SMBC日本シリーズ2019第2戦 ソフトバンク6―3巨人(2019年10月20日 ヤフオクD)

No image

7回無死一塁、3ボール1ストライクから左前打を放つグラシアル(撮影・尾崎 有希)

【追球ズーム シリーズここにFOCUS】ベンチ、走者、打者と3者の共通理解が決勝点を生み出した。

0―0の7回無死一塁、工藤監督は動いた。一塁走者の4番・デスパイネに代走・周東だ。「投手にプレッシャーをかけたかった」。巨人・大竹はクイックモーションが速く、盗塁はリスクが高い。ただ狙いは揺さぶりだ。

大竹は3球連続けん制を入れた。打者への注意はそがれる。周東の仕掛けた「偽盗」もそれに輪をかけた。

「周東ならば一つのヒットで三塁まで行ける」とグラシアル。3ボール1ストライクの走りやすいカウント。盗塁を警戒する巨人は内角シュートを選んだ。広角に打てる助っ人は右打ちも可能だが、スタートした分、併殺打の確率が下がり、安心して引っ張れた。

ランエンドヒットが決まり、無死一、三塁だ。松田宣の決勝3ランの舞台裏には「3者」の仕掛けがあった。 (福浦 健太郎)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「いい夫婦」を子どもに伝えていくために。私が絶対にしない、ただひとつのこと。
プレミア12、巨人・山口に大ブーイング 稲葉監督にも批判「学習能力ないのか」の声も起用を続けるワケ
メキシコが完封勝ち 五輪切符獲得に大きく前進
『とんねるず』石橋貴明の“老化”に悲しみ「ちょっと見ないうちに...」
ヤクルト、楽天退団の嶋と入団合意!チーム再建へ交渉解禁即オファー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加