転落事故防止 視覚障害者の鉄道安全体験会

転落事故防止 視覚障害者の鉄道安全体験会

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/20
No image

視覚障害者のホームからの転落事故が相次いだことを受け、全盲の人らが実際に駅の構造などを学習する鉄道体験会が、千葉県成田市で開かれた。

19日に行われた視覚障害者の鉄道体験会は、相次ぐホームから線路への転落事故などを防ぐために開催されたもの。体験会では、県内に住む視覚障害者10人らが、模擬線路を使い、普段は触ることが難しい非常停止ボタンや線路のレールに触れたり、実際にホームの下の待避場所に潜ったりするなどして、駅の構造を確認した。

主催した鉄道施設の整備に携わる「鉄建建設株式会社」は、ホームドアの設置などの安全対策だけではなく、今後もこのような取り組みで視覚障害者の安全を守りたいとしている。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
週刊文春のユニクロ潜入取材レポが「ガチ」と話題に ユニクロから訴えられたジャーナリストが改名してバイトしてみた
また鳥インフル 水戸市でも オオハクチョウから
狂乱のASKA逮捕劇! その裏で、NHKクルーが怪しげな行動......「一目散に現場を離れていった」
「室内から異臭が...」アパートに男女の遺体 親子か
女性の足の裏を20分間ベロベロ!『足なめ男』の不気味な手口にご用心
  • このエントリーをはてなブックマークに追加