チェルシー、M・サヴィッチ獲得に興味...クラブは補強禁止処分の緩和に自信

チェルシー、M・サヴィッチ獲得に興味...クラブは補強禁止処分の緩和に自信

  • サッカーキング
  • 更新日:2019/11/11
No image

ラツィオのミリンコヴィッチ・サヴィッチ [写真]=Getty Images

チェルシーがラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコヴィッチ・サヴィッチの獲得に興味を示しているようだ。イギリス紙『ミラー』が9日に伝えている。

2019年夏から2度の移籍市場での補強禁止処分を受けているチェルシーだが、現在行っている控訴によって処分が短縮されることを確信している模様。今冬の選手獲得が可能になった場合、フランク・ランパード監督はミリンコヴィッチ・サヴィッチを優先的に獲得するように求めていて、7000万ポンド(約97億6000万円)の移籍金が必要になると見積もっているようだ。

メガクラブへのステップアップがかねてから噂されているミリンコヴィッチ・サヴィッチだが、今夏も最終的にはラツィオへ残留。マンチェスター・Uなどからの関心も伝えられているが、どのような未来が待っているのだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
EURO2020予選終了、本大会出場を決めた20か国の顔ぶれは?
「ホームで砕け散った」「サポーターも呆然」日本の大敗を海外メディアも驚きをもって報道
代表デビュー!古橋が好機演出
日本代表戦観戦の神戸FWビジャ、16歳年下の元同僚との“再会ユニフォーム交換”に感激
韓国代表が2位転落。トルクメニスタン代表がスリランカ代表を2-0で下し首位浮上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加