巨人が逆転勝ちで阪神との3連戦を勝ち越し

巨人が逆転勝ちで阪神との3連戦を勝ち越し

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/10
No image

8回、勝ち越しの2点適時二塁打を打たれた阪神のマテオ。後は生還した陽岱鋼=東京ドーム(撮影・堀内翔)

「巨人5-2阪神」(10日、東京ドーム) 巨人は2-2の同点で迎えた八回、途中出場の寺内が決勝打を放ち、このカード2勝1敗と勝ち越した。

この回からマウンドに上がった阪神の3番手・マテオを攻め、マギーのヒットや四球で2死満塁の好機をつくると、寺内が左翼線へはじき返し、2点を奪った。

勝ち越し打の寺内は、「本当にうれしいです。何がなんでも打ってやろうと、強い気持ちで打席に入りました」と白い歯を見せながら大声援に応えていた。

阪神は二回に梅野の先制左前打などで2得点も、三回以降は好機で無得点。序盤の拙攻が痛かった。先発・メッセンジャーは打球を右足に受けて降板も6回0/3を2失点の好投。だが救援陣が踏ん張れず終盤に勝ち越された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
市立船橋vs千葉日大一
高校野球ドットコム
東海大菅生、九回執念の同点劇実らず...元中日の若林監督、雪辱誓う
骨折のオリックス・西、中継ぎ陣の負担考え続投...ブログで心境吐露
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
オリックス・西が打球を受けて交代 二回からは金田がマウンドへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加