最新ランキングをチェックしよう
エネルギー小国日本の選択(5) 臨戦態勢のエネルギー産業

エネルギー小国日本の選択(5) 臨戦態勢のエネルギー産業

  • THE PAGE
  • 更新日:2017/09/22

1931年の満州事変を発端とし、日本は国力を結集した総力戦に突入していった。軍部の戦いやすいように法制が変わり、エネルギー産業の構造は組み替えられ、人も企業も戦争に駆り出された。膨張する軍事費や労力に反比例するように、国民が使える電気や生活品は少なくなり、困窮を極めていく。日本はアメリカからの石油禁輸が致命傷となって敗戦の運命を辿ったが、その過程で出来上がって今に残る電力、石油業界の枠組みも少なく

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
"利益の半分は税金"ビットコインの注意点
【美人コンパニオン多数】「第20回名古屋モーターショー」開幕
中国ではあり得ない、リコール神対応「ダイキン空気清浄機」日本の常識は、世界の非常識
住宅ローンで500万円の差がつく「貯金の秘密」
1960年代アメリカで空前のヒット!ホンダのバイク「スーパーカブ」の広告ポスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加