事前の知識と備えを!ペットの防災を考える

事前の知識と備えを!ペットの防災を考える

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2019/01/16
No image

ペットも自然災害の被害を

No image

近年では大きな自然災害が多発し、被災した方々が避難生活を送る様子をニュースでしばしば目にします。動物番組では被災したペット達を特集するものも。人間と同じく、ペット達も辛い生活を強いられています。災害はもはや茶飯事のように起こり、他人事ではありません。

皆さんは身近で災害が起こった場合に備えて、ペットの事まで考えていますか?ここでは、災害時のペット対応・災害に備えたペット対応・用意しておくべきものなどについて、詳しくご紹介いたします。

災害時のペット対応について

ペットとの同行避難

環境省では、ペットとの同行避難を推奨しています。過去の災害においては、飼い主とペットが離ればなれになってしまう事例が頻発した為です。迷子になったペット達を保護するには多大な労力を要し、ペット自身が傷を負ったり死亡してしまうことも。

また、迷子になったペット達の中でも、去勢不妊手術を行なっていない犬猫による繁殖も懸念されました。動物愛護の観点は勿論ですが、迷子になったペットによる人への危害防止や生活環境の保全の為にも、飼い主とペットが一緒に避難する事が推奨されているのです。

避難場所

同行避難が推奨されているとはいえ、まだまだペット同行可能の避難場所は多くはありません。どこにペットの入れる避難所があるのか予め情報を持っていなければ、災害時の情報が入らない状況で路頭に迷う事になりかねません。お住いの自治体の広報誌やウェブサイトにて、避難所の詳細について確認しておくことが大切です。

また、一般的なペット以外の動物は、避難所での受入れが難しい場合も。万が一に備えて、預かり先を確保しておくことも大切です。
※もしペットと一緒に避難できず、自宅に置いてきた場合、自治体の動物担当部署に相談しましょう。

災害に備えたペット対応について

しつけ

万が一災害に合い避難場所へ避難した時、最低限の躾が出来ていないと、周囲の人に迷惑をかけてしまうことになります。

もしペットと避難場所が別れてしまった場合に、ペットが一匹で過ごすことに慣れていなかったり、吠え癖や噛み癖があったりすると、周りの犬にも影響を与えてしまいます。犬自身が不安になり、パニックを起こす可能性も。

普段からある程度1人で過ごす時間に慣れさせ、危険を及ぼすような吠え癖噛み癖は治しておきましょう。それにより、犬自身が慣れない環境で受けるストレスも低減できます。

健康面での管理

飼い主としての義務である狂犬病予防、任意にはなりますがワクチン接種、寄生虫予防は必ず行なっておきましょう。ペット同伴可の避難場所は他の犬や猫達も過ごす場所。感染症などの恐れがあると、他の動物の健康をも害する恐れがあり、病気が蔓延することも。ドッグランやカフェ使用時と同じですね。愛犬の健康の為にも、予防は徹底しましょう。

迷子になった時の為に

災害時は人間も動物もパニックになりやすいもの。騒ぎの中で逃げ出してしまうペットも多くいます。万が一自分のペットが逃げ出した場合に備えて、身元がわかるアイテムを必ず付けておきましょう。

体内にチップが入っているペットも多いですが、一般の方でも一目でわかるよう、首輪に付けるのが効果的です。犬の名前、飼い主の名前、飼い主の携帯電話番号など必要事項を、丁寧に水でも消えない文字で書いておき、首輪の内側にしっかりと縫い付けておくと、何かあっても取れにくいのでお勧めです。

備えておくべきペットグッズ

No image

ペットの災害の備えは、5日~7日分がおおよその目安と言われています。しかし、近年では大きな災害でインフラが傷つくことも多く、必要なものが手に入るまでどれだけ時間を要するかわかりません。特にペットへの支給品は後回しになりがち。飼い主がしっかりと備えておくことが必要なのです。

No image

ペットフード(封を切っていないもの)

飲料水

おやつ(封を切っていないもの)

ペットシーツ

新聞紙

ビニール袋大,小(多めに)

ティッシュ

犬用ボディタオル

タオル数枚(寝床にひくもの、濡れた時に体を拭くもの)

一人遊びできるボーン系おもちゃ

リード

クレート

No image

フード・水・おやつは賞味期限を見て消費と補充の管理を徹底しましょう。ビニール袋やティッシュ、新聞紙などの紙類は人間にとってもあると役立つので多めに。タオルは飼い主のにおいがついたものもあると、ペットが安心します。

また、スリッカーやガムテープ、粘着テープなど抜け毛を除去できるアイテムがあると、周囲に迷惑をかけづらいのでお勧めです。

No image

ペット表札を家先に!

もし飼い主が留守の時に、自宅付近で災害が起こったら…そんな事を考えたことはありませんか?自力で外に出る事ができないペット達は、危険な状況に陥っても安全な場所へ逃げることができません。これは自然災害だけでなく、火事や自宅への事故の場合にも言えること。そんな場合に備えて、便利なグッズが販売されています。

amacoのペット表札

amacoのペット表札はオーダー式。自身のペットに似たイラストとペットの名前を入れてくれます。
注目したいのが、表札に彫られる「家の中に犬がいます。災害時に救出をお願いします。」の文字。

飼い主の留守時に災害が起こった場合、救助隊の方々は家内にペットがいるかどうかわかりません。この表札があれば、家の中にどんな見た目の犬や猫が何匹いて、飼い主は救出を希望しているという事が一目でわかるのです。可能な状況であれば、救助活動を行う方々はペットも救出してくれます。この表札が大切なペットを救う一手になります。

ホームページ:https://nocoto.jp/archives/5708
価格:5800(税抜)

また今度ではなく今やろう!

ペットの防災について述べて参りました。災害に対する備えについては、「また明日やろう」「また今度やろう」と後回しにしている方、おおいのではないでしょうか。災害はいつ起こるか誰にもわかりません。

災害は今夜起こるかもしれないのです。起こってから後悔しても、時間は戻りません。人間の為にも、愛するペットの為にも、今すぐ入念な準備を始めましょう。ペットと避難する際のシミュレーションも忘れずに。

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

被災地熊本でのペットの現状と現地で活動を続ける動物愛護団体

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
inbky

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
お散歩はどこでも大好き 天真爛漫なトイプードルの「アムル」
相棒猫を失い、急に甘えん坊になった猫 その姿に募る切なさ
犬は自分のことを人間だと思うことはあるのか?
病院は怖いので、親友のぬいぐるみをつれてきたコーギー。診察中も口にくわえて離さない。
病院で物凄く震える柴犬の動画ツイートが反響「ペットをマナーモードにする、飼い主さんの鑑ですね」「ぶるぶるだーーー!!!!!」

動物のランキング

最近人気のあったニュース

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加