昨季MVP西田39得点 ジェイテクト連覇へ好発進「レベルアップしている自信はあった」

昨季MVP西田39得点 ジェイテクト連覇へ好発進「レベルアップしている自信はあった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/19

◇バレーボール・Vリーグ男子1部 ジェイテクト3―1東レ(2020年10月17日 奈良県橿原市・ジェイテクトアリーナ奈良)

No image

ジェイテクトの西田有志は得点を決めて利き腕でガッツポーズ

バレーボールのVリーグ1部は17日、男女で新シーズンが開幕した。男子日本代表のスーパーエース、ジェイテクトの西田有志(20)は39得点と大車輪の活躍。東レに3―1で勝利し、連覇へ好発進した。

コートに1人だけ、世界レベルがいた。ジェイテクトの西田が両軍断然1位の39得点を挙げた。第3ゲーム。サービスエースに加え、サーブで崩して自ら強打を放って、1―0から4連続得点。昨季の得点王&サーブ賞にしてMVPの魅力が、凝縮されていた。

「コロナ禍で暇をしていたわけではないので。レベルアップをしている自信はあった」

外国勢がまだ合流できていない。警戒を一手に引き受けながら、「マークは逆にうれしい」と揺るぎないのは努力を重ねたからだ。

五輪の1年延期をプラスにするために、活動制限の日々は体をいじめ抜いた。高くはない1メートル86の体に厚みが出て、Tシャツのサイズは2XLが3XLになった。超人的なジャンプ力から生まれる高い打点のアタック、サーブの威力が増した。

連覇へ好発進を切った試合後、同僚の誕生日を祝うために、マイクを手にバースデーソングを歌った。カラオケ好きの20歳は歌までうまい。ワンマンショーの一日だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加