シャルケ上月壮一郎が初ゴール、相手DFグバルディオル突破しゴール右へ チームは1-6で大敗

シャルケ上月壮一郎が初ゴール、相手DFグバルディオル突破しゴール右へ チームは1-6で大敗

  • 日刊スポーツ(サッカー)
  • 更新日:2023/01/25
No image

ゴールを決めるシャルケ上月壮一郎(AP)

<ブンデスリーガ:シャルケ1-6ライプチヒ>◇24日◇ゲルゼンキルヘン

デビュー2戦目のシャルケFW上月壮一郎(22)が、ホームのライプチヒ戦で初ゴールを決めた。

4点を追うの後半11分だった。上月は左サイドのフライからのパスを受けながら、うまく相手DF2人の間をすり抜け、GKと1対1に。右足でゴール右に落ち着いて流し込んだ。上月が突破した1人は、ワールドカップ(W杯)で注目されたクロアチア代表DFグバルディオルだった。

上月は後半35分までプレーし、同僚の日本代表DF吉田麻也(34)はフル出場。しかし試合は1-6と大敗した。

18チーム中最下位のシャルケは今季ちょうど半分の17試合を終えて12敗目(2勝3分け)。17位のヘルタとは勝ち点5差となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加