『魔女見習いをさがして』本編冒頭6分が公開に!あの名曲が胸アツ

『魔女見習いをさがして』本編冒頭6分が公開に!あの名曲が胸アツ

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/11/20
No image

あのメロディーが流れる! - (C) 東映・東映アニメーション

公開中の映画『魔女見習いをさがして』の本編冒頭ノーカット映像が公開された。約6分の長さに、それぞれに悩みを抱える3人のヒロインの境遇や、名曲「おジャ魔女カーニバル!!」の魔女見習いをさがしてVersionなど、本作のポイントが凝縮されている。

人気アニメ「おジャ魔女どれみ」の20周年を記念して製作された本作。13日に封切られると、全国映画動員ランキング(興行通信社発表)で初登場4位にランクイン。観客からは「冒頭3分で泣いた」という感激の声もあがっているが、今回はその冒頭シーンが公開された。

映像には「おジャ魔女どれみ」が大好きで、幼少期は“魔法”を信じていた3人のヒロイン、ソラ(声:森川葵)、ミレ(声:松井玲奈)、レイカ(声:百田夏菜子)が、大人になってぶつかった現実の壁に悩む姿が描かれている。映像の途中には、大人気楽曲をボサノバ調にアレンジした「おジャ魔女カーニバル!!(魔女見習いをさがしてVersion)」が流れるというファンには胸アツな場面も登場。開始早々から「おジャ魔女」シリーズの世界に引き込まれる映像となっている。

映画は、そんな3人が「おジャ魔女どれみ」ゆかりの地を巡る旅をともにするうちに、各自が自身の悩みと向き合い、前に進んでいく物語となっており、観客からは「おジャ魔女どれみに出会えてよかったと思える作品!」「大人になってまた、どれみちゃんから人生で大切なことを教わるとは思わなかった」と絶賛の声が続出している。(編集部・吉田唯)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加