【名古屋】なぜ無敗は途切れたのか? 鳥栖に気付かされたリードを奪う大切さと試合運びの重要性

【名古屋】なぜ無敗は途切れたのか? 鳥栖に気付かされたリードを奪う大切さと試合運びの重要性

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/04/19
No image

「相手が素晴らしい試合をしてきた」と対戦相手の鳥栖を称えた稲垣。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

No image

「無失点記録がストップした事より、勝てなかったことが悔しい」と語った中谷。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

[J1リーグ10節]名古屋1-2鳥栖/4月18日(日)/豊田スタジアム

名古屋グランパスがそうであるように、サガン鳥栖もまたいくつもの策を張り巡らせていた。戦術に長けた両指揮官が想定したのはおそらくそれぞれの持ち味を最大限に発揮してくる白熱の攻防。しかし鳥栖がそこに罠を張ったことで、名古屋の無敗は10試合(前倒し開催の19節・広島戦を含む)で途絶えることになった。

記録というのは破られる時にはあっけないもので、しかもかなり鮮やかな形でその区切りがつけられた。1-2というスコアは接戦ながら、10試合でオウンゴールひとつしかなかった名古屋にとっては複数失点というだけで大ごとだ。その数字が示す通り、名古屋は実に名古屋らしくなく、鳥栖に勝点3をかっさらわれた。

ことごとく歯車が狂い続けた90分間だった。

布陣を4-4-2に組み替えた鳥栖が、酒井宣福を起点にシンプルな試合展開を望んできたこと。金明輝監督もポイントの一つとして挙げていた「ダイレクトプレー」が、開始6分で実ったこと。このふたつの事象はがっちりと絡み合っており、堅守を誇る名古屋のディフェンスラインに後手を踏ませたのは間違いなく陣形を含めた鳥栖の“奇襲”であり、ニアで難易度の高いヘディングシュートを流し込んだ林大地をほぼフリーにしてしまったところまでが、ひとつのパッケージとしての鳥栖の成功だった。
10試合もリードを奪われず、奪ってがっちり守ってきた名古屋の選手たちにはそれが見えない重圧となっていたようで、「どうしても攻撃が速くなっていたし、守備も前から行っていたので、どうしてもオープンな展開というものになってしまっていた」と中谷進之介は振り返る。

フィッカデンティ監督は否定したが、それは選手を慮ってのことだろう。稲垣祥もまた、「一回自分たちらしく、一度重心を低くして、そこから出ていくということを選択肢として持てていればなとは今は思いますけど」と、試合後の冷静な頭で試合中の“判断ミス”を悔やんだ。

酒井のポストプレーとフォアチェックはこの日のピッチでは強力極まりなく、CBへの信頼もあったのだろうが、周囲のフォローが足りなかったかもしれない。しかし失点を取り返すためにも、相手の良さを出させないためにも、彼らは前に出るしかなかった。

結果、鳥栖のポゼッションを捕まえることもできなければ、前線へのシンプルな攻撃でも起点を作られ、前半終了間際には痛恨の2失点目を喫してもいる。FKからのこぼれ球をダイレクトで叩き込んだ酒井のシュートは控えめに言ってスーパーな得点だったが、普段はしないようなクリアミスが発端だったことは留意が必要だ。「前半は『1失点で仕方ない』で終わっても良かったのかも…」中谷の後悔は募った。
それでも後半は立て続けの選手交代でサイド攻撃を充実させ、最後は木本恭生のパワープレーも繰り出し、稲垣の今季4得点目で一矢を報いた。

鳥栖も素晴らしい守りから、カウンターに余念がなく、その双方を担った前線の運動量と強度には頭が下がる思いがした。鳥栖のプレスバックは速く、深い。普段は自分たちが強みとしている全員守備を目の当たりにした名古屋は、改めてリードを奪う大切さと試合運びの重要性を痛感していただろう。

「少し時間帯的には1-2にするゴールが遅すぎた」
フィッカデンティ監督にそう言わしめた鳥栖の健闘、奮戦を称えるべき試合内容は、名古屋にさらなる成長のきっかけを与えることになったか。
しかしながら名古屋は、長いリーグ戦のなかで、今季初の敗戦を喫しただけだ。縮められたとはいえ、8勝2分1敗、勝点26は3位に浮上した鳥栖と6ポイントの差をつけている。

自信を失う必要はなく、中谷も「立ち返る場所はあるし、立ち返る必要はない。もう一回、自分たちの強みは何かというところを認識しながらやりたい」と言い切った。

失点が、敗戦が話題になってしまうというのは強さの裏返しでもあるだろう。名古屋はブレることなく、次の勝利と勝点へのアプローチを繰り返していく。

取材・文●今井雄一朗(フリーライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加