『スッキリ』紹介の【禁断の雪見トースト】、作ってみた! 雪見だいふく公式レシピはもはや“食パンスイーツ”だった

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2020/10/17

料理がまったくできない主婦の私。料理は夫担当になっていますが、子どもが大きくなるにつれ、私も作らなアカンときに見舞われるように。まずはツイッターで人気の簡単レシピから料理にチャレンジ!

今日のレシピ:雪見だいふく公式【禁断の雪見トースト】


なぜ、人は雪見をトーストにのせるのか⁉️
#雪見だいふく の新たな楽しみ方 #禁断の雪見トースト#土屋太鳳 さんが
ご紹介😍

食パンにチーズと雪見だいふくを
のせて焼くだけ❗️

あなたも禁断の味を試してみませんか😋⁉️

キャンペーンも実施中❤️ https://t.co/8pc2zcGBXv pic.twitter.com/CV85sNfDbn
— ロッテ 雪見だいふく (@yukimi_lotte)
October 11, 2020
from Twitter

テレビ番組『スッキリ』(日本テレビ系)でやっていた「雪見トースト」。Twitterで調べてみると、あの「雪見だいふく」公式アカウントがツイートしている話題のレシピだった! しかも見た目からしてうまそう……。早速作ってみることにしたが、作るといっても「雪見だいふく」とチーズを食パンに乗せて焼くだけ。簡単な時短レシピなのだが、完成したのは、ほぼスイーツ! 雪見だいふくの餅のとろみと、アイスの甘さでチーズの臭みが消えたのか、甘じょっぱくておいしいトーストになった。むしろ「食パンスイーツ」かもしれない。早速レポしていきます。

料理手順はこちら。

1)食パンにスライスチーズと雪見だいふくを乗せる
2)トースターで焼いて完成

実際に作ってみましょう!

パンとスライスチーズ・雪見だいふくを準備しました。

チーズと雪見だいふくをパンに乗せるだけ。

このまま、トースターで焼いていくが、すぐに雪見だいふくが溶けそうな気がして不安。レンジをトースター機能に設定して下段で焼くことにしました。しかし、何分焼くかは不明のままスタート。

トースター機能で1分半焼いて出してみたら、チーズがシワシワになっていて、パンも少し焼けたようだ。

しかし肝心の雪見だいふくは「デデーン!!」としたまま、全くとろける気がなさそうだ。

もう一度、今度はトースター機能の上段でさらに2分半ほど焼いてみると、パンがギリギリ焦げそうな状態に。そして雪見だいふくが、やっと「とろ〜ん」となったところで、いただききましょう!

本当は包丁で切って断面を見せたかったのですが、うまくいきそうな気がしなかったので、私がかじった画像ですみません。

見た目は、雪見だいふくの溶け具合が甘いんじゃないか? と思ったのですが、食べてみると予想以上に「トロトロトロ〜」とひんやりアイスが溶け出してきました!

食パンを一口かじると、餅の中からアイスがジュワー。これがめっちゃうまい! チーズの塩加減が雪見だいふくの餅と完全にマッチしていて、ほんのり甘いアイスがとろけるうまさ。

しかし、トーストする時間がわからなかったので、焼き上がるまで見張っているのは少し大変だった。間違いなく作るのは「簡単」だったが、トースターを使いに慣れてない人は、雪見だいふくがトロッと溶け出すまで注意してトースターに張り付いていなければいけないな〜と感じました。また、我が家はトースターがないので、レンジの「トースター機能」を使っている。焼き加減にはなお注意が必要だった。

禁断の雪見トースト、話題になるのもわかる気がする納得の簡単絶品スイーツトーストでした。味は満点だ!

【総評】

もう一度作りたい度:★★★★★
ズボラ主婦でも再現可能度:★★★★☆(トースターで何分焼けばいいのかは、最後まで謎だった)
子どもウケまたは夫ウケ:★★★★★

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加