商業施設に設置...24時間利用可能「公共冷蔵庫」コミュニティフリッジの正体とは【岡山・岡山市】

商業施設に設置...24時間利用可能「公共冷蔵庫」コミュニティフリッジの正体とは【岡山・岡山市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2020/11/20
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

余った食料品などを個人や店が持ち寄り、生活に困っている人がそれを持ち帰る。そんな施設が、岡山市北区の商業施設に設置されました。

岡山市の商業施設、ブランチ岡山北長瀬に設けられたのは公共冷蔵庫、コミュニティフリッジです。

(矢野匠記者)

「レトルト食品やお菓子はもちろん、冷凍庫も設置されているため冷凍食品も寄付することができます」

個人や店が食料品や日用品を寄付し、それを必要とする人が無償で受け取る仕組みです。駐車場の近くにあって24時間利用でき人目を気にせずに持ち帰ることができる。生鮮品も寄付できるなどの利点があります。

元々は欧米から始まったとされ、新型コロナの影響で経済的に困る世帯が増えている今、まちづくりに取り組む岡山市の一般社団法人が設置しました。

(北長瀬エリアマネジメント 石原達也代表理事)

「寄付しよう、できることはやろうという方と、支えてもらおうという人をつなぐ場所になれば。(この場所をきっかけに)支え合っていける社会になれば」

受け取りや寄付は原則、登録制で現物を持ち込まないネット経由での支援も受け付けています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加