NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
F1王者ハミルトン、SNSで人種差別被害 優勝した英国GPめぐり

F1王者ハミルトン、SNSで人種差別被害 優勝した英国GPめぐり

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/07/20
No image

21F1第10戦英国GP決勝。表彰式に臨むメルセデスAMGのルイス・ハミルトン(2021年7月18日撮影)。

【AFP=時事】21F1第10戦英国GPで優勝したメルセデスAMGのルイス・ハミルトンが、「ソーシャルメディアで人種差別の複数の事例」に遭遇したことが、F1と国際自動車連盟、同チームの共同発表で19日に明らかになった。

F1で通算7度の年間優勝を誇るハミルトンは、英国GPのレース序盤でレッドブルのマックス・フェルスタッペンと接触した。ドライバーズ選手権で現在首位に立つフェルスタッペンは、この事故で壁に激突してリタイアに終わった。

ハミルトンは10秒間のペナルティーを受けたもののトップでフィニッシュし、総合争いでフェルスタッペンとの差をわずか8ポイントに縮めた。

しかし接触の後、ハミルトンはレース中とレース後に「ソーシャルメディアで人種差別の複数の事例に遭遇した」と明かされた。

共同発表は問題の行為を「最も強い言葉」で非難するとし、「この競技にはこうした者の居場所はない。問題の人物たちは自らの行動に責任を負うべきであると、われわれは強く求める」とした。

「F1、FIA、ドライバー、そしてチームは、この競技をより多様で包括的なものにするべく取り組んでいる。このようなオンライン上の言動は許容されず、はっきりと注目して排除されるべきである」【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加