セルビア撃破、日本に自信 難敵相手にしたたかな試合運び

セルビア撃破、日本に自信 難敵相手にしたたかな試合運び

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/06/12
No image

後半、ゴールを決めた伊東純也=ノエビアスタジアム神戸(甘利慈撮影)

11日に行われたサッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップで、日本がセルビアに1―0で競り勝った。

日本が今秋開始予定のW杯アジア最終予選に向けて弾みをつけた。世界ランク上位のセルビアを1-0で破った。森保監督は「時間とスペースを与えてくれない相手に球際で戦い、技術を発揮できた」と奮闘した選手をたたえた。

セットプレーで試合を動かした。後半3分、右CKのチャンスを得ると、鎌田が上げたボールを近いサイドに入り込んだ谷口が頭で遠いサイドへ送り、詰めてきた伊東が押し込んだ。殊勲の伊東は「チームで狙っている形だった」と笑顔を浮かべた。

前半は人数をかけて守る相手にてこずり、流れの中で打開策を見いだせなかった。先制後は得点を奪いにきたセルビアの背後を何度も突いて追加点を狙った。最終予選でも求められるしたたかな試合運びをみせ、森保監督は「2点目を奪いにいく姿勢を示してくれた」とうなずいた。

圧勝の連続で最終予選進出を決めた2次予選は、相手との実力差があり手応えをつかめなかった。W杯欧州予選A組で首位ポルトガルと勝ち点で並ぶ強豪からの勝利に「非常にいい相手でチームにとって自信になった」と長友。勝負の舞台を控える日本が一回り成長した。(奥山次郎)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加