ノルウェー中銀、20年ぶり大幅利上げ 8月に1.5%へ引き上げの公算

ノルウェー中銀、20年ぶり大幅利上げ 8月に1.5%へ引き上げの公算

  • ロイター
  • 更新日:2022/06/23

[オスロ 23日 ロイター] - ノルウェー中央銀行は23日、政策金利を0.75%から1.25%に50ベーシスポイント(bp)引き上げた。

No image

6月23日、ノルウェー中央銀行は政策金利を0.75%から1.25%に50ベーシスポイント(bp)引き上げた。オスロの同中銀前で2018年3月撮影(2022年 ロイター/Gwladys Fouche)

利上げ幅は2002年以降で最大。エコノミストの大半は25bpの利上げを予想していた。

インフレ抑制が狙い。中銀は3月に1.0%への利上げを予想していた。

バーチェ総裁は声明で「理事会の見通しとリスクバランスに関する現在の評価に基づき、政策金利は8月に1.5%までさらに引き上げられる可能性が最も高い」と説明した。

「より大幅な利上げを今行うことでインフレが高止まりするリスクが抑制され、今後急激な引き上げを行う必要性が低下する」と指摘した。

総裁は「今後の利上げ幅が25bpを超える可能性も否定しない」と述べた。

ロイター調査では20人のエコノミストのうち、14人が25bp、6人が50bpの利上げを予想していた。

通貨クローネは対ユーロで上昇し、0823GMT(日本時間午後5時23分)時点では1ユーロ=10.48クローネ。中銀の発表前は10.51クローネだった。

中銀は23年半ばまでに政策金利が3%に上昇する可能性があるとした。従来は23年末までに2.5%に達するとしていた。

ノルディア・マーケッツのチーフアナリスト、Torbjoern Isaksson氏はツイッターへの投稿で「中銀のインフレへの懸念がどれほど大きいかを示している」と指摘した。

キャピタル・エコノミクスは、政策金利が中銀の予測ほど上昇しない可能性が高いとし「金利が来年2.50%でピークに達するとの現在の予想を据え置く。ノルウェーの家計が金利上昇に非常に敏感であることが一因だ。ただ、リスクは上方向にある」と述べた。

中銀は石油・ガス生産を除いたノルウェー本土経済の22年の成長率予想を3月時点の4.1%から3.5%に引き下げた。一方コアインフレ率予想を2.5%から3.2%に引き上げた。23年のインフレ予想は2.4%から3.3%に引き上げた。

コアインフレ率の中期的な目標は2.0%。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加