原監督「ルールに従って正々堂々」DH制もプラスに

原監督「ルールに従って正々堂々」DH制もプラスに

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/20
No image

グラウンドで記者会見を行った読売巨人軍・原辰徳監督(代表撮影)

巨人原辰徳監督が日本シリーズ前日会見に臨み、全試合で採用されることが決まったDH制をチームのプラスにする考えを示した。「ルールに従って我々は正々堂々戦う。それだけです」と言い「交流戦、日本シリーズでも経験はある。プラスに受け止めて、オフェンス、ディフェンスのツーウエーの中で、最善策を取っていきたい」と引き締めた。

監督会議では予告先発の採用にも賛同。「菅野智之でいきます」と第1戦をエースに託すことを明言。「警戒する選手は全員でしょうね。相手を見ることも大事ですけど、我々の野球をしっかりできるかというところが最も重要」。18日から京セラドーム大阪で練習を積み、ミーティングを含めて準備を重ねてきた。「短期決戦とはいえ、長丁場。どういう状況になっても、今からスタート、今日からいくぜと。そういう精神でやっていきたいと思います」と必勝を期した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加