【新潟新馬戦】ヴィブラフォン 超抜の動き披露、高木師「前向きでいい動きをしている」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/22

新潟日曜6R(芝1400メートル)でデビュー予定のヴィブラフォン(牝=高木)は活躍著しいドレフォン産駒。菅原明を背にしたWコースでの最終追いは馬なりで5F66秒5~1F11秒9と超抜の動きを見せた。見守った高木師は「前向きでいい動きをしている。スピードがあるし、短い距離に適性がありそう。ゲートも速い」と素質を高く評価していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加