約205万円分の札束をまき散らす外国人、自身で通報=韓国ソウル

約205万円分の札束をまき散らす外国人、自身で通報=韓国ソウル

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/08/05
No image

約205万円分の札束をまき散らす外国人、自身で通報=韓国ソウル(画像提供:wowkorea)

韓国ソウル市ノウォン(蘆原)区のある住宅街で、外国人男性が自ら2000万ウォン(約205万円)を超える現金を道端に巻き散らした後、盗難通報をするということが起きた。

5日、ソウル蘆原警察署によると、イラク国籍の30代A氏は、前日午後7時50分頃、蘆原区サンゲ(上渓)洞の住宅街で約2200万ウォン(約225万円)の外貨と韓国ウォン紙の幣を道端に巻き散らした。

当時A氏は通りがかりのある市民に「私はお金をたくさん持っている」と所持していた現金を渡したが、市民がこれを受け取らずに拒否すると、道端に札束をまき散らしたと伝えられた。

以後、A氏は現場を離れたが、しばらく経って警察に「お金をなくした」と自主的に通報した。

通報を受けた警察は、A氏を近くの交番に保護措置し、薬物簡易検査を進めた。検査結果は陰性であったことが分かった。また飲酒状態でもなかったと伝えられた。 A氏に対する犯罪の疑いも明らかにされていない。

これに警察は、A氏が巻いた金が誰のものなのか、金を渡した経緯は何なのかなど。調査を通じて確認する方針だ。

一方、道端に散らばった2200万ウォンは現場ですべて回収された状態だ。

警察関係者は「A氏を引き渡す家族や知人を探している」とし「紛失物として受け取った現金も返す予定」と明らかにした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加