旭山動物園がほっこりツイート 丸くなった”北国育ち”のキタキツネに「揚げパンに見えました」

旭山動物園がほっこりツイート 丸くなった”北国育ち”のキタキツネに「揚げパンに見えました」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2023/01/30

日本列島は今季最強の寒気の影響で24日からグッと冷え込み、北日本から西日本の日本海側を中心に降雪が強まった。北の大地で生活する動物はどのように過ごしているのだろうか。北海道・旭川市旭山動物園の公式ツイッターが25日までに更新され、園内で飼育されている動物の様子が投稿された。

No image

旭川市旭山動物園の公式ツイッター(@asahiyamazoo1)から

降り積もる雪は当然、都会よりも深い。気温もさらに低い。雪国にとっては当たり前の風景かもしれない。それでも”待ってました”と言わんばかりに、嬉しそうに動き回るホッキョクグマやレッサーパンダ、キングペンギンなどの動画がアップ。元気な姿が映し出された。

一方で、動かず寒さをしのいでいるようにも見える、丸まった姿勢で寝ている「本日のキタキツネのえる」と画像もツイート。童謡・唱歌「こぎつね」の「こぎつねコンコン 穴の中~♪」ならぬ「雪の中~♪」と頭に流れてきそうな写真に、フォロワーからも「最初にシュガードーナツに見えてしまった」「まん丸」「きれいなマル」「揚げパンに見えました。可愛い」などとコメントが寄せられている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加