イスラエル、ハマス標的にガザ攻撃 ロケット弾発射に報復

イスラエル、ハマス標的にガザ攻撃 ロケット弾発射に報復

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/11/22
No image

パレスチナ自治区ガザ地区南部のハンユニスで、イスラエル空軍機の空爆により上がった炎(2020年11月22日撮影)。

【AFP=時事】イスラエルは22日、パレスチナ自治区ガザ地区から発射されたロケット弾攻撃への報復措置として、同地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスを標的に空軍が攻撃を実施したと発表した。

イスラエル国防省は、空軍がハマスのロケット弾製造拠点2か所と軍事拠点1か所、「地下インフラ」を攻撃したと発表した。

空軍によると、これに先立ち21日夜、南部アシュケロンで警報が鳴り、直後にガザ地区からイスラエルに向けてロケット弾1発が発射された。

空軍は詳細を発表していないが、救急当局は負傷者の連絡は受けていないとしている。またイスラエルメディアは、ロケット弾は空き地に着弾したと報じた。

15日未明にも、ガザ地区からイスラエルにロケット弾2発が発射されたが、この攻撃による死傷者や被害は出なかった。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加