奥平大兼、吉田羊と『恋する母たち』以来の親子役

奥平大兼、吉田羊と『恋する母たち』以来の親子役

  • MusicVoice
  • 更新日:2021/09/15
No image

奥平大兼が、吉田羊とTBSドラマ『恋する母たち』以来2度目の親子役を共演した。アフラック生命保険の新TVCM『おじいちゃん子』篇と『お金の負担』篇で実現した。

新CMは「家族への思い」がテーマ。同居する父が脳梗塞で倒れたことをきっかけに、突然初めての介護生活が始まった吉田羊扮する主人公「厚子」と、奥平大兼扮する息子「真司」による親子の姿を描く。

父の介護をする日々の中で、さまざまな戸惑いや葛藤がありながらも、何かと手伝ってくれるおじいちゃん子の真司の姿を見て、自分が介護になった時を想像し、息子の重荷になることへの不安や、お金の面で負担をかけたくないとの思いを抱く厚子。一方、そんな彼女の胸の内を知ってか、真司は言葉こそ多くないものの、ベッドから起き上がる手伝いや車椅子の介助など、自分にできることで母親を支え、時には大人びた頼もしい言動で、厚子のことを驚かせる。

親子役は、昨年のドラマでの共演以来、2度目となる吉田と奥平。映画やドラマに引っ張りだこの豊かな表現力と自然体の演技が魅力の実力派女優と、現役高校生の新人ながら、昨年、俳優デビュー作で数々の新人俳優賞を獲得した超新星のコンビが、ますます磨きがかかった掛け合いを披露する。

CMは、9月17日から全国でオンエアされる。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加