死神紫郎、「ねぼけまなこ」でコロナ禍の閉塞感を歌う

死神紫郎、「ねぼけまなこ」でコロナ禍の閉塞感を歌う

  • 音楽ナタリー
  • 更新日:2021/07/21

死神紫郎が新たな配信シングル「ねぼけまなこ」を8月2日にリリースする。

No image

死神紫郎「ねぼけまなこ」配信ジャケット

すべての画像・動画を見る(全3件)

昨年12月に自身初の配信シングル「人間樹海」を発表した死神紫郎。およそ半年ぶりの新曲となる「ねぼけまなこ」ではコロナ禍によって生まれた閉塞感を、ループするギターフレーズに乗せて歌っている。ジャケットアートワークの写真撮影はmanimanium、デザイン制作は大島朋恵(りくろあれ)が担当した。

またYouTubeでは「ねぼけまなこ」のミュージックビデオが公開された。監督は「人間樹海」のMVに続き天使弾道ミサイルが担当。楽曲の世界観をホテル、公園を舞台にして描いている。

音楽ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加