「ダルビッシュは真のエースとなった」最多15勝を挙げるパドレスの大黒柱を米メディアが激賞!「最高のピッチングをしている」

「ダルビッシュは真のエースとなった」最多15勝を挙げるパドレスの大黒柱を米メディアが激賞!「最高のピッチングをしている」

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2022/09/23
No image

(C)Getty Images

ダルビッシュ有が所属するパドレスは現在、ナ・リーグ西地区で首位のブレーブスに次ぐ2位に着けており、フィリーズ、ブリュワーズとプレーオフ進出をかけて上位争いを演じている。9月はここまで11勝8敗と、シーズンも残りわずかとなった段階でも好調を維持している状況だ。

今季は、夏のトレード期限最終日に、ナショナルズからホアン・ソトとジョシュ・ベルという強打者2人を獲得するなど、ポストシーズン進出へ向けて選手層も十分な厚みを加えた。

【関連記事】西武・源田 前代未聞のトラブル噴出でささやかれる「流出危機」と「狙う球団」

投打とも、リーグトップクラスの陣容を誇るパドレスについて、現地メディア『Clutch Points』でも、その強さを伝える特集記事を配信。タレントの豊富さや、投手陣の充実ぶりがチームの原動力だと伝えている。

今回の記事は「サンディエゴが2022年のワールドシリーズで優勝する3つの理由」とタイトルが打たれているように、現在のパドレスはワールドチャンピオンも狙えるチーム状態であると評しており、「パドレスは人々を驚かせるかもしれない」と綴っている。

その中で、ナ・リーグ2位の34セーブを挙げているジョシュ・ヘイダーや、打線を牽引するマニー・マチャド、ブランドン・ドゥルーリーのここまでの活躍など、ブルペンや野手陣のパフォーマンスが好調の理由だと指摘。さらに、先発陣のクオリティの高さも要因の一つに上げており、なかでもダルビッシュへの評価は高い。

同メディアはダルビッシュについて「彼はシーズンを通してパドレスで最も安定したスターターであり、最高のピッチングをしている」と綴っている。ここまでチームでもダントツの15勝を記録するダルビッシュ。同メディアは「今季は真のエースとなった」とも述べており、まさにパドレス先発陣の大黒柱と言える存在だ。

また、記事では他に「プレーオフの戦いで重要なのは先発投手」としてその重要性にも言及しているように、ここからさらにダルビッシュの存在がフォーカスされるはずだ。真のエースとして、チームを最高の舞台に導くことが出来るだろうか。その右腕に、大いに注目が集まる。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加