森保監督「到達できる」W杯8強に自信 選手起用は「ニュートラル」に

森保監督「到達できる」W杯8強に自信 選手起用は「ニュートラル」に

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

オンライン取材に応じる日本代表の森保監督

サッカーワールドカップ(W杯)での目標はぶれない。日本代表の森保一監督(53)が24日、オンライン取材に応じ、ベスト8を掲げるW杯に向けて「現状を積み上げて力をつけていけば、自然と目標に到達できる」と話した。11月のアジア最終予選で2連勝して本大会出場へ望みをつないだ。1月に再開する最終予選に向けて、準備期間に入る。16日オマーン戦の選手起用や今後、目標などについて語った。

◆11月の活動 飛行機の遅延トラブルなどありながらも、敵地で2連勝。デビューしたオマーン戦でアシストのMF三笘については、所属先で定位置を確保するまで招集を見送っていたと明かし、「だからこそ彼も自信をもってプレーできたのはあるんじゃないか」と話した。来年の選手起用については「みなさん意見があると思うけど、できるだけニュートラルに見ていこうと思っている」と答えた。

◆今後 12月19日の天皇杯決勝までは、国内の試合を視察する。その後は渡欧し、年末年始もリーグ戦を行うプレミアリーグとスペインリーグを中心に回る予定。負傷中のMF久保の状態も確認したい意向。「ケガで代表に参加できなかったけど、彼がいない間にレベルアップしている選手もいる。全体を見極めて招集にはつなげたい」。来年1月27日の中国戦前には、国内組を中心とした国際親善試合も調整している。

◆目標 来年11月21日の開幕まで1年を切った。欧州のシーズン中の開催となるため、例年のような事前合宿は難しい見通し。「トーナメントのように勝っていって、W杯出場権をつかみ取ることがまずは最優先」。目標のW杯ベスト8については「逆算するんじゃなくて、現状を積み上げて力をつけて、そのときの最強のチームをつくりあげていければ、自然と目標に到達できると思っている」とした。

◆ビッグボス 連日話題をさらっている日本ハム新庄監督について聞かれ、「インパクトのあるチームづくりの仕方。すごいと思う」と、同じ監督としてその手腕に脱帽。「非常に派手にパフォーマンスをされている方だと思うけど、見えないところで努力をされている方だろうと思っている」。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加