阪神・アルカンタラは負傷降板も来日2勝目 矢野監督は「次の登板に響くことはない」

阪神・アルカンタラは負傷降板も来日2勝目 矢野監督は「次の登板に響くことはない」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

日本ハム戦に登板し力投するアルカンタラ(撮影・西岡正)

「日本ハム2-4阪神」(10日、札幌ドーム)

阪神・アルカンタラがアクシデントに見舞われた。2-0の七回、先頭・近藤の痛烈な打球が左足に直撃。助っ人は顔をゆがめ、その場に倒れこんだ。すぐさま福原投手コーチ、トレーナー、通訳に加えて、矢野監督も心配そうにマウンドに集まった。

アルカンタラはベンチへ下がり、2番手・馬場が告げられた。六回まで3安打無失点に抑える好投を見せていただけに、痛恨の交代となった。それでも来日2勝目をマークし、試合後、矢野監督は気になる状態について「たぶん大きな離脱になることはないと思うんでね。あそこで投げるというには難しいかなというところやったんで。次の登板に響くことはないと思っている」と説明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加