ダイセル、エアバッグ用インフレータ生産拠点をインドに新設 2023年12月稼働開始へ

ダイセル、エアバッグ用インフレータ生産拠点をインドに新設 2023年12月稼働開始へ

  • レスポンス
  • 更新日:2021/01/13
No image

ダイセル

ダイセルは1月12日、自動車エアバッグ用インフレータの需要が拡大するインド国内に、新たな生産拠点を設置すると発表した。新工場はインド南部、タミル・ナドゥ州ワンハブチェンナイ工業団地に建設し、2023年12月の稼働開始を目指す。

ダイセルは、インド自動車市場の成長や安全規制強化に呼応し、2018年10月に販売拠点を設立。マーケティングや現地調査を進めてきた。同社はこれまで、タイなどの生産拠点からインド市場へ製品を供給してきたが、インド自動車市場の成長可能性や、自動車メーカー・エアバッグモジュールメーカーからの同国内でのサプライチェーン強化を求める声に応え、生産拠点を設置することを決定した。

同社は今後、製品の安定生産、安定供給によってインド市場でのプレゼンスを強化するとともに、インフレータ生産や部品調達などを通じて同国経済の発展にも寄与していく。

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加