年金を繰下げして受給するとき、1年ごとに年金額は見直しされるの?

年金を繰下げして受給するとき、1年ごとに年金額は見直しされるの?

  • All About
  • 更新日:2022/01/14
No image

年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。年金額の見直しについて、専門家が回答します。

老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。

今回は、年金額の見直しについてです。

Q:年金の繰下げ受給のとき、年金額は1年ごとに見直しされるの?

「まもなく65歳になりますが、まだ仕事を続けて、年金を繰り下げる予定です。年金額は、1年ごとに見直しされると聞きました。繰り下げするときの年金額も1年ごとに変わるのですか?」(匿名希望)

A:繰下げ受給した時も、年金額は毎年見直しされます

そもそも年金額とは、受け取る時点においての物価スライド・マクロ経済スライド等が反映された金額を元に計算されます。65歳から年間78万円の年金を受給していたとしても、毎年金額は改定される可能性があるのです。

一方、繰下げ受給とは、65歳から始まる老齢年金の受給開始時期を遅らせると、遅らせた期間(1カ月単位)に応じて、増額された年金額を、生涯にわたり受け取ることのできる制度です。1カ月繰り下げすると0.7%増額され、増額率については、申請した時点の増額率から生涯変わりません。

ちなみに、2022年(令和4年)1月時点では、最長70歳まで繰り下げすることができますが、2022年(令和4年)4月からは、最長75歳まで繰り下げすることができるようになります。この制度改正は、令和4年4月1日以降に70歳に到達する人(昭和27年4月2日以降に生まれた方)が対象で、最大84%増額となります。

繰下げ受給によって受け取る年金額は、年金額に増加率を乗じた金額です。よって、年金額は毎年改定される可能性があるので、繰下げ受給をして受け取る年金額も同様に、毎年見直しされるということです。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)
(文:All About 編集部)

All About 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加