約4万円の価値はあり! 新AirPods Pro最速実機レビュー。エンタメもビジネスも快適

約4万円の価値はあり! 新AirPods Pro最速実機レビュー。エンタメもビジネスも快適

  • 集英社オンライン
  • 更新日:2022/09/23

本日2022年9月23日、Appleの純正ワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」の新モデルが発売開始される。価格は39,800円で、イヤフォン市場を見渡しても「高級モデル」と位置付けられるが、果たして買う価値はあるのか? 年間約300のオーディオ製品をレビューするライター・山本敦がじっくり使ってわかった新モデルのポイントを解説する。

Appleデバイスとの相性がとにかく良い

日本時間9月8日に開催されたAppleスペシャルイベントで、同社の最新ワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro(第2世代)」が発表されました。

AirPods Proは、Appleの左右独立型ワイヤレスイヤフォンです。名前に「Pro」が付く理由は、地下鉄や車の走行音、街の喧騒など、イヤフォンを使って聴くコンテンツの音以外の不要な環境ノイズを電気的な処理によって消す「アクティブノイズキャンセリング」など、エントリーモデルの「AirPods」にはないさまざまな機能を搭載しているからです。

Appleは2019年10月に初代AirPods Proを発売しました。今回登場する新製品は、第2世代目となるモデルです。外観は大きく変わっていませんが、 Appleの独自開発によるオーディオ向け高性能チップ「Apple H2」を搭載したことによって、各機能は大きく進化しています。

No image

2022年9月23日に発売される新AirPods Pro(第2世代)。価格は税込39,800円

AirPods Proを含む、AppleのAirPodsシリーズには大きな特徴がひとつあります。それは、iPhoneやiPad、Mac、Apple WatchといったApple製品との連携機能がとても便利に使えることです。

Bluetooth規格に対応するオーディオ機器でワイヤレスリスニングを楽しむ際、ユーザーははじめにiPhoneやMacなどプレーヤー側になる機器と、個別オーディオ機器との通信を開始するための「ペアリング」と呼ぶ登録作業をしなければなりません。

AirPodsの場合、充電ケース背面のボタンを長押ししてiPhoneに近づけるとケースのLEDが点滅します。続いてiPhoneの画面に表示される「接続」アイコンをタップするだけで素速く簡単にペアリングが完了。新AirPods Proでは、ケースに内蔵する小さなスピーカーからチャイム音を鳴らしてペアリングができたことを知らせてくれるようになりました。

No image

iPhoneやiPadとのワンタッチペアリングがとにかく便利

iPhoneによるペアリングを済ませた後は、同じApple IDを使ってサインインしているiPhone、iPad、Macといった複数機器の間を速やかに切り換えながらAirPodsが使えるようになります。例えばiPadで動画を見ている最中、iPhoneに着信があれば自動的にAirPodsの接続が切り替わって通話することができるのです。

No image

iPadで動画を見ている最中、iPhoneに電話がかかってくると自動でAirPods Proの接続先デバイスが切り替わる

約2倍に向上したノイキャン効果

新AirPods Proでは、初代モデルと比較してアクティブノイズキャンセリング機能による消音効果が「約2倍」になりました。初代モデルが苦手としていた、地下鉄の走行音のような大きいノイズも、新AirPods

Proならピシャリとシャットアウトします。

No image

屋外のとても騒々しい場所でもAirPods Proはとても静かなリスニング環境に整えてくれる

新AirPods Proのパッケージには、耳の小さいユーザー向けに、新しく「XS」サイズのシリコーン製イヤーチップが付属。全4種類のサイズ(XS/S/M/L)から、自分の耳に合うイヤーチップが選択できていると、ノイズキャンセリング機能の効果がさらに高まります。iPhoneの「設定」アプリを開いた画面に並ぶAirPods Proを選択後、10秒ほどで完了する「イヤーチップ装着状態テスト」を行うと、自分の耳に合ったイヤーチップを見つけることができます。

No image

最小サイズのXSを含む4種類のシリコーン製イヤーチップが付属

またAirPods Proには、イヤフォンに内蔵するマイクで集めた環境音を、そのまま音楽などリスニング中のコンテンツの音にミックスして聞ける「外部音取り込みモード」という機能があります。街を歩きながら、安全に音楽を聴きたいときに便利な機能です。

AirPods Proの特長は、この外部音取り込みモードを使うと環境音がとてもクリアに聞こえること。自宅でリモート会議中にドアベルが鳴ってもハッキリと耳に届くので、必要な音を聞き逃すことがありません。新AirPods Proでは外部音取り込みモードがオンの時に再生されるサウンドが一段と力強くなり、バランスよく再生されるように改善されました。

No image

本体のスティック形状になっている軸部分にリモコンを内蔵。スティックを押し込むとアクティブノイズキャンセリング/外部音取り込みの機能が切り替えられる(写真/apple.com)

また新AirPods Proの「設定」メニューから「適応型環境音除去」をオンにすると、外部音取り込みモードを有効にしている際、緊急車両のサイレンや道路工事など大きな音が飛び込んできたときにも瞬時に騒音レベルを下げて耳を保護してくれます。線路の横を歩きながら試したところ、確かな効果を感じることができました。

生演奏のようなリスニング体験を味わえる

最新のAirPods Proは、音質にも磨きがかかりました。AirPodsシリーズは、元からどんなジャンルの音楽にも素直にマッチするバランスの良いサウンドを特徴としています。第2世代のAirPods Proはその良好なバランスはそのままに、音の情報量が一段と豊かになりました。

No image

新AirPods Proはとても肉厚でありながら切れ味の鋭いロックを聴かせてくれます

音の進化を引き出した要因は、新規に開発されたカスタムメイドのドライバーとデジタルアンプです。初代のモデルと順番に聴き比べてみると、中低音域がリッチになって、全体に音のつながりがスムーズに感じられました。ボーカルはシルキーで生々しく、アップテンポなロックやジャズの躍動感はとてもエネルギッシュです。新AirPods Proのサウンドは、生の演奏を間近で楽しむような感覚に迫っています。

また、電車で移動しながらiPhoneで動画を視聴してみました。アクティブノイズキャンセリング機能をオンにすると、役者の囁くような台詞も明瞭に聴き取れます。賑やかなカフェの店内でも、隣で人が会話をしていてもコンテンツの音に深く集中できました。ビジネスパーソンの方々は、新しいAirPods Proがあれば移動中に最新のニュース動画やYouTubeをチェックする時間がより快適になります。

新しいAirPods Proは、満充電の状態からイヤフォン単体で連続使用ができる時間が長くなったこともトピックの1つ。音楽再生ならノイズキャンセリング機能がオンの状態でも最大6時間まで楽しめるので、出張の際にも心強く感じられます。

No image

新AirPods Proは、万が一本体がケースごと見当たらなくなったときにも、iPhoneの「探す」アプリから音を鳴らしながら検索できるようになった。また、紛失を未然に防げるよう、ケースにストラップも装着可能

Appleには「空間オーディオ」と名付けられた、iPhoneとAirPodsシリーズとの組み合わせでも楽しめる立体音響技術があります。この機能は2019年秋のAirPods Proの発売後、iPhoneの基幹OSの無料アップデートにより追加され、今も無料で楽しむことができます。

新AirPods Proは価格が39,800円(税込)と、市場でも高価なワイヤレスイヤフォンの部類になりますが、おそらく今後もソフトウェアアップデートにより進化を続けて、ユーザーを長く満足させてくれるはずです。特にAppleデバイスを日々使っているのであれば、音質・操作性の面から見ても、約4万円の価値は十分にあると断言できます。

本体、ケースともにIPX4相当の防滴対応なので、汗をかくスポーツシーンでの使用も安心。特にiPhoneユーザーの方には、エンタメ用途でも仕事用途でも、最高の快適さが満喫できる随一のワイヤレスイヤフォンとして強くおすすめします。

文・写真/山本敦

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加