小学生がチアダンスに挑戦 講師はハピネッツのインストラクター 秋田・大館市

小学生がチアダンスに挑戦 講師はハピネッツのインストラクター 秋田・大館市

  • 秋田テレビ ニュース
  • 更新日:2022/11/25

秋田県大館市の小学校で「チアダンス」を学ぶ教室が開かれ、児童が秋田ノーザンハピネッツの試合などで披露される振り付けに挑戦した。

大館市の成章小学校で24日開かれたチアダンス教室で講師を務めたのは、秋田ノーザンハピネッツでチアダンスのインストラクターを務める高野奏さん。(高=はしごだか)

高野奏さん:
「まずは右足を後ろに引いて、前、行けるところまで。お、いいよ」

ほとんどの児童が「チアダンス」初挑戦だったが、30分ほどで振り付けをマスター。音楽に合わせ、元気いっぱいに踊りを披露した。

児童:
「スキップとキックと掛け声が難しかった」

児童:
「初めてチアダンスを踊ったけれど、上手にできたので、またやりたいなと思った」

学校にはバスケットボールや選手のサイン色紙が贈られ、子どもたちにとってチアダンスやバスケットに興味を持つ貴重な機会になった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加