5月26日放送の「アナザースカイ」は岡本知高が高知へ。

5月26日放送の「アナザースカイ」は岡本知高が高知へ。

  • 日テレTOPICS
  • 更新日:2023/05/27
No image

5月26日のゲストは「奇跡の歌声」と称されるソプラニスタの岡本知高さん。 生まれながらにして女性ソプラノの音域を持つ、世界的にも稀有な天性のソプラノ歌手。 東京オリンピックの閉会式で、彼の声が多くの人たちに感動をもたらしたことは強く印象に残っている。 訪れたのは故郷の高知。幼い頃、岡本さんは股関節の病気「ペルテス病」を患っていて、小学4年生まで特別支援学校で過ごした。 足の症状が寛解してからは家族と一緒に暮らせるようになった。当時、豊かで色鮮やかな自然の景色を眺ながら、季節や場所に合った歌を母と一緒に歌っていた。 すべてが歌に繋がっていた。喜びだけでなく、悲しみも苦しみも含めて、色々な感情が歌うには必要不可欠だと岡本さんは語る。 上手に歌うよりも、聴いてくれる人たちに楽しんでもらいたい。今回の旅で感じたのは、高知には自分の根っこが埋まっていて、栄養は今でもこの場所からもらっていること。 故郷を離れてから30年。これからも自分にしか歌えない歌を届けていく。

日本テレビ放送網株式会社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加