今、注目のおにぎりアクション!10/16世界食料デー、おにぎり投稿で世界に給食を届けよう!

今、注目のおにぎりアクション!10/16世界食料デー、おにぎり投稿で世界に給食を届けよう!

  • リビングWeb
  • 更新日:2021/10/15

美味しいもので家族に笑顔を。リビングメイトのらぴすらずりです。

ここ数年、Instagramなどでおにぎりの写真の投稿と、#OnigiriAction のタグをみることが増えてきましたよね。私は2016年から毎年、おにぎりアクションに参加しています。7年前に始まった当初は「おにぎりで寄付ってどういうことだろう?」と多くの方が思っていた、このおにぎりアクション。今ではお料理インスタグラマーさんには広く知られるようになりましたが、ここで改めてご紹介したいと思います。

No image

出典:リビングWeb

おにぎりアクションとは?

おにぎりアクションは、日本の代表的な食のシンボル「おにぎり」の写真をSNS(Instagram, Twitter, Facebook)、または特設サイトに投稿する取り組みです。

1枚の写真投稿につき給食5食分に相当する寄付(100円)を協賛企業が提供し、 TABLE FOR TWO Internationalを通じてアフリカ・アジアの子どもたちに給食を届ける、という仕組みになっています。

主催者は、TABLE FOR TWO International。「食」を通じて世界の食料・健康問題の解決に取り組むNPO法人です。社食や学食で見かけたことがある!という方も多いことでしょう。おにぎりアクションは、 毎年10月16日「世界食料デー」を記念して実施されていて、参加者が年々増すごとに、届ける給食の数も増えています。芸能人や著名人の参加も増えていて、城田優さんや二ノ宮知子さんのTwitterで知ったという方も多いそう。

No image

出典:リビングWeb

「おにぎりアクション」という言葉を初めて聞く方の中には、「ちょっとふざけた名前?」と感じたり、中には「怪しいの?」と思う方すらいたそうですが、SNS投稿につけるハッシュタグ#としては、とてもなじみやすいと思います。「寄付」「寄付する」ということのハードルをぐっと下げてくれていますよね。

No image

出典:リビングWeb

協賛企業・団体は今年は過去最大の30社にものぼり、それぞれの会社ごとに企業連携企画が実施されています。さらに寄付する給食の数を追加したり、プレゼント企画があったり、オンラインで仕組みを学ぶ講座もあったりします。私も今年から協賛参加のはくばくさんの雑穀米を使ったおにぎりにしてみました。

No image

出典:リビングWeb

#OnigiriAcition 2021

2021年のテーマは「手触り感のある人間の暮らし」。目標値は、なんと120万食!

メディアの注目度も高まっていて、13日深夜のニュース番組 newszero の「あなたと誰かが #つながるニュース」のコーナーで取り上げられていました。ご覧になった方もいらっしゃることでしょう。有働アナウンサーの笑顔が印象的でしたね。

No image

出典:リビングWeb

今年のおにぎりアクション開始日にはオンライン記者発表会とオンラインパーティーが行われ、私も参加しました。今までの取り組みの説明、この給食寄付を通して現地の教育機会が創出されていること、親や地域住民の意識に変化があることなどが紹介されていました。

Table for Two担当者から、企業担当者皆さんへ投げかける質問が実に秀逸で、「コロナ禍も変わらず大切にしていることはなんですか」というものでした。私も考えさせられました。

No image

出典:リビングWeb

今までは息子が高校生だったので、お弁当をおにぎりにすればいいだけだったんですよ(笑) 毎日、どんなおにぎりにしようかな、と考え、SNSを通してつながっている友達の投稿を見て「こんなおにぎりがあるのか!」と驚いたりしたものです。ゆで卵をまるまる入れる「爆弾おにぎり」などというものを、実際にお弁当にしてみましたね。「食いにくかったよ!」と息子からクレーム入りましたが。

今年は違います。

・オンライン授業の合間に食べる大学生のお昼

・リモート会議の合間に食べる夫のお昼

・在宅勤務ありえない、午後からの出勤前に早めに食べる私のお昼

そんな生活の中から、お昼ご飯として、また朝ご飯としておにぎりを作るのが、今年の生活。これが、私の今年のおにぎりアクションなんだなって思います。

No image

出典:リビングWeb

まずはおにぎりを作ってみよう!そして1回参加してみない?

No image

出典:リビングWeb

この壮大なイベントを支えるのは、実際におにぎりを投稿する参加者の皆さん。

自分のお弁当やご飯を作るのって、台所で独りぼっちで個々の作業なんだけど、おにぎりでちょっとつながりを感じられませんか。なんといっても、おにぎりという日常の行動が誰かの役に立つかもしれないという、その一歩の参加するのは、ステキなことだと思いませんか?

そんな参加者の背中を後押ししているのが、サポーティングメンバーとして4年目の、レシピブログとフーディーテーブルです。お料理ブロガーやお料理インスタグラマーを取りまとめているサイトです。

TABLE FOR TWO × FOODIETABLE

https://www.recipe-blog.jp/sp/r211005insta

一昨年は #ごちそうおにぎり という言葉を流行させた、人気インスタグラマーのtessiさんを呼んでのイベントをレシピブログのスタジオで開催していました。たらこぎっしりにチーズのおにぎりや、鶏肉をもりもりと盛り込んだおにぎりをみんなで作ったんですよ。フーディーテーブルさんは、今年も10月30日にInstagramライブ配信を行うそうなので、見てみてはいかがでしょう。

No image

出典:リビングWeb

今年の開催期間は、10月5日から10月31日までとなっています。まずはおにぎりをにぎってみませんか? そしてSNSに投稿してみませんか? 寄付の対象となるのは、Instagram、Twitter、FacebookなどのSNSで、公開アカウントのみ。非公開の方でも、投稿専用サイトに応募することで参加できます。みんなでおにぎりで盛り上がりましょう!

おにぎりアクション投稿サイト

https://onigiri-action.com/post/

また、10月16日は「世界食糧デー」です。Table for two でも14時からインスタライブが行われるので、ぜひご一緒に参加しましょう!

No image

出典:リビングWeb

(リビングメイト:らぴすらずり)

-----------------------------

LivingMate(リビングメイト)とは?

首都圏・関西エリアの「リビングWeb」公式ブロガー。主婦ならではの視点で、グルメや家事テク、ハンドメイド、ビューティ・ファッションなど、それぞれのセンスを生かした情報を発信中!

https://mrs.living.jp/livingmate/all

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加