ヤクルト小川大乱調 自己最短タイ1回2/3KO「申し訳ないです」

ヤクルト小川大乱調 自己最短タイ1回2/3KO「申し訳ないです」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

2回途中で降板するヤクルト・小川泰弘(右から2人目)=撮影・田中太一

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場)

ヤクルトの小川泰弘投手(30)が、自己最短タイでKOされる屈辱にまみれた。1回2/3を6安打4失点と打ち込まれ、早期降板に。1回2/3での降板は、2014年4月18日阪神戦(甲子園)以来の屈辱だった。

高津監督も厳しい表情で決断した。味方が先制した直後に、すぐさま大山の逆転適時打を許し、ボーアには2ランを被弾。立ち上がりにいきなり4失点を喫する大乱調だった。

そして二回も立ち直ることができなかった。2者連続三振を取ったが、その後再び連打で一、三塁。クリーンアップを迎える場面で、左腕・長谷川を投入した。ここで糸井を遊ゴロに抑え、失点は許さなかったが、早期継投を余儀なくされる展開となった。

小川は「今日は調子自体悪く、テンポよく投げることができませんでした。先制してもらったのにもかかわらず、攻撃に流れを持って来られずに申し訳ないです」とコメントした

17日が雨天中止となった影響で、この日からチームは8連戦に突入していた。それでもその初戦を託されたエース小川が、まさかの大乱調で早期降板。自身5年ぶりの2桁勝利を狙ったが…。苦しい8連戦の幕開けとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加