JR西日本、35系客車をEF65形が牽引 - 山陽本線で記念列車5/30運行

JR西日本、35系客車をEF65形が牽引 - 山陽本線で記念列車5/30運行

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/05/04
No image

JR西日本は、山陽本線厚狭~下関間が5月27日に1901(明治34)年の開業から120周年を迎えることを記念し、開業120周年イベントを下関駅で開催すると発表した。5月30日に「山陽本線(厚狭~下関間)開業120周年記念列車」を運行し、下関駅で出発式など開催する。

JR西日本「DLやまぐち号」DD51形が牽引、復路は「春」ヘッドマーク

5月30日に運行される「山陽本線(厚狭~下関間)開業120周年記念列車」は、「トワイライトエクスプレス」と同様の塗装に変更した電気機関車EF65形1124号機が、山口線の「SLやまぐち号」などに使用される35系客車を牽引する特別な列車として運行。始発駅となる下関駅で10時から出発式を開催するほか、10~16時に下関駅前「エキマチ広場(日本セレモニーウォーク)」で「第7回下関駅コン」(駅コンサート)を開催する。

「山陽本線(厚狭~下関間)開業120周年記念列車」の往路は下関駅10時38分発・新下関駅10時50分発・厚狭駅11時17分発・柳井駅12時55分着、復路は柳井駅14時45分発・厚狭駅16時26分発・新下関駅16時52分発・下関駅17時5分着で運転される。

記念列車の運行に先立ち、「山陽本線 厚狭~下関間開業120周年記念乗車券・記念入場券」も発売。埴生駅、小月駅、長府駅、新下関駅、幡生駅、下関駅の記念入場券と下関~厚狭間往復乗車券(B型硬券・合計8枚)、オリジナル台紙をセットにした商品で、5月27日9時から下関駅「みどりの窓口」と新下関駅(新幹線口)、厚狭駅(在来線口)にて、1セット3,000円で販売(限定1,500セット)される。販売期間は12月31日までだが、なくなり次第、販売終了となる。

木下健児

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加