元AKB48歌姫・矢作萌夏 エイベックスとの契約終了を報告 独自の音楽道を極める意向か

元AKB48歌姫・矢作萌夏 エイベックスとの契約終了を報告 独自の音楽道を極める意向か

  • 東スポWeb
  • 更新日:2021/10/14
No image

AKB48グループ歌唱力No.1決定戦で優勝したときの矢作萌夏

元AKB48の矢作萌夏(19)が14日、自身のインスタグラムのストーリーで所属していた大手レコード会社「エイベックス」との契約終了を報告した。

矢作は「この度、1年半所属していたavexと契約を終了させていただくことになりました。お世話になった事務所の皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。私にとっては大きな決断でしたが、これからも音楽の道を邁進して行くつもりですので、どうぞ宜しくお願い致します」とつづった。

矢作は2018年1月に加入。翌19年1月にグループ史上最速でのソロコンサートを開催し、同9月発売のシングル「サステナブル」で初センターに抜てき。AKBグループの歌姫の座を競う「第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」で第2代女王に輝くなど次世代エースとして期待されたが、昨年2月に卒業した。

卒業後はエイベックスに所属。今年7月にインスタグラムとTikTokで配信ライブを行い、デビューに向けて〝再始動〟したばかり。その後、恒例で行っていた生配信ライブでは、夢として日本武道館でのライブ開催を掲げることもあった。

ファンからも「何があったのか」と衝撃が走っているが、いったい何があったのか。

矢作は先月末からインスタが更新されず。日曜恒例のインスタでの生配信ライブも中止になり、矢作は「日曜日の生配信ライブは、しばらくの間お休みさせていただきます。また自分の口からお話をする機会を作りたいと思ってます」などと発表。ファンから心配の声が上がっていた。

「矢作から自分の考えでどんどん音楽活動をしていきたいという強い意向があり、契約終了に至ったと聞いています」(音楽関係者)

AKB48、エイベックスから〝巣立った歌姫〟はどこへ向かうのか。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加