最新ランキングをチェックしよう
名大、カルボン酸を高選択的にアルコールへ水素化するRe触媒を開発

名大、カルボン酸を高選択的にアルコールへ水素化するRe触媒を開発

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/06/16

名古屋大学(名大)は6月14日、水素化能力の低い「高原子価」金属であるレニウム(Re)錯体を触媒として用いて、カルボン酸を高選択的にアルコールに水素化することに成功したと発表した。

同成果は、名古屋大学理学研究科 斎藤進教授らの研究グループによるもので、6月13日付けの英国科学誌「Scientific Reports」オンライン版に掲載された。

酢酸やアクリル酸に代表されるカルボン酸

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「カーリングのストーンはなぜ曲がるのか?」という何百年も続いた謎を研究者らが解明
3Dプリンタでナノスケールの金属構造を作製 - Caltech
年を取るにつれガンになる確率が上がるのは免疫系の機能低下が起こるからだとする研究結果
ライトセーバーとか実現しちゃうのか?物理学者たちが新たなる光の形を作り出す(米研究)
世界初!骨と同じ成分で人工骨を開発 実用化へ 九州大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加