「スター・ウォーズ」新たな3部作を「最後のジェダイ」ライアン・ジョンソンが製作

「スター・ウォーズ」新たな3部作を「最後のジェダイ」ライアン・ジョンソンが製作

  • ナタリー
  • 更新日:2017/11/13

米ウォルト・ディズニー社が、「スター・ウォーズ」の新たな3部作を製作。「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソンが製作を担当すると、The Playlistなどが報じた。

No image

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」日本版ポスタービジュアル (c)2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

これは同社CEOのボブ・アイガーことロバート・A・アイガーが、アメリカ現地時間11月9日に四半期決算報告会にて明かしたもの。同シリーズでは、2015年公開のエピソード7「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」から始まったルーク・スカイウォーカーに関するトリロジーを展開中。このたびアナウンスされた新たな3部作ではルークの物語から離れ、新キャラクターに焦点を当てることとなる。ジョンソンは1作目の監督も兼任し、「最後のジェダイ」のプロデューサーでもあるラム・バーグマンも参加する。

また同時に、「スター・ウォーズ」の実写ドラマシリーズの製作も発表された。これはディズニーが2019年以降にスタートさせる動画配信サービスで取り扱われると考えられている。そのほか「モンスターズ・インク」「ハイスクール・ミュージカル」をもとにしたシリーズも企画されていることがわかった。

なお「スター・ウォーズ」シリーズからはエピソード8にあたる「最後のジェダイ」が12月15日に、J.J.エイブラムス監督のエピソード9が2019年12月に封切られる。さらに、若きハン・ソロを描くスピンオフ「Solo: A Star Wars Story(原題)」が、2018年5月に全米公開予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
舞台「GANTZ:L」ガンツスーツを着用したキャラクタービジュアル公開
中村悠一、代永翼に「殺意が湧きました」 『曇天に笑う』収録秘話を明かす
『ジャスティス・リーグ』ベン・アフレックが語る“クセの強い”チームの魅力
エクソシストと現代人のメンヘルとの関係性は? ドキュメンタリー映画『悪魔祓い、聖なる儀式』
『GOTHAM』ダヴィード・マズーズ、新作映画『ドクター・エクソシスト』でも絶賛の嵐!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加