ソフトバンク古谷2回0封「自信に」工藤監督◎

ソフトバンク古谷2回0封「自信に」工藤監督◎

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/13
No image

古谷優人は2イニングを無失点に抑える(撮影・今浪浩三)

ソフトバンクの高卒ルーキー古谷優人投手(18=江陵)が12日、ヤフオクドームで行われた紅白戦で初めて1軍相手に登板し、2回を無安打無失点に抑えた。

川島、デスパイネ、上林から空振り三振を奪う好投。最速は147キロで「緊張はなかった。楽しかった。指にかかったボールで三振がとれたのは自信になった」と振り返った。

工藤監督も「1軍の打者相手にまったくひるむことなく投げている姿は、見ていて気持ちよかった」と、将来期待の左腕を絶賛した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衆院選】菅直人氏に敗れ、落選が決まった東京18区・土屋正忠氏 「途中で風、変わった」「勝負勘が鈍った」
巨人高橋由伸監督「食べ過ぎた」ティー打撃で汗流す
ドラフト1位の引き際。あの豪腕投手は、なぜ27歳で引退を決めたのか
ソフトバンク 突破率0%から日本シリーズ進出
ロッテ戦力外の田中英祐、京大野球部OBの悲願だった「プロ野球選手の輩出」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加