センチュリー、USB 3.1 Gen2対応でRAID機能搭載の2ベイストレージケース

センチュリー、USB 3.1 Gen2対応でRAID機能搭載の2ベイストレージケース

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/02/13
No image

センチュリーはこのほど、USB 3.1 Gen2に対応し、RAID機能搭載の2ベイHDD/SSDケース「裸族のコンテナハウス2.5RAID (CRCTH25U31C)」を発表した。2月下旬に発売し、価格はオープン。店頭予想価格は税込9,980円。

2基の2.5インチHDD/SSDを搭載可能なストレージケース。RAID機能を搭載。RAID 0 / RAID 1 / JBODをサポートするほか、2台のドライブを個別に使用する「スタンダード」という4種類の動作モードが利用できる。

デバイス側のインタフェースはSATA 6Gbps、ホスト側はUSB 3.1 Gen2 Type-Cを採用。10Gbps(理論値)の高速転送を実現するという。また、Windows環境では、PCの電源オン/オフに合わせてドライブと冷却ファンの回転を停止する電源連動機能をサポート。ファンの風量は4段階で調節できる。電源はのACアダプタ、もしくはUSBバスパワー。

本体サイズはW80×D142×H61.5mm、重量は約380g(ドライブ含まず)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
楽天携帯、いきなり時代遅れ。設備投資たったの6000億で関係者も失笑
AIは働き方改革の“闇”を解決できるのか?
MLC採用の超小型USBメモリーがTranscendから販売中
お値段9990円!機内持ち込みサイズで44lの大容量を実現したドン・キホーテのキャスターが収納できるキャリーケース
日本初のノート用Ryzen搭載ノートPCがレノボより。「速く軽く手頃」を体現する9万円以下で13.3型、1.14kg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加