一番大事な「賞状」は教え子、数多くの中国人留学生を育てた藤嶋昭氏―中国メディア

一番大事な「賞状」は教え子、数多くの中国人留学生を育てた藤嶋昭氏―中国メディア

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2018/05/17
No image

一番大事な「賞状」は教え子、数多くの中国人留学生を育てた藤嶋昭氏―中国メディア

東京理科大学栄誉教授の藤嶋昭氏は日本人の学者でありながら、中国科学院院士をなんと3人も育て上げている。写真は東京理科大学で自著「科学者と中国古典 名言集」を手に取る藤嶋氏。

東京理科大学栄誉教授の藤嶋昭氏(76)は日本人の学者でありながら、中国科学院院士をなんと3人も育て上げている。人民日報が伝えた。

藤嶋昭氏は、この3人の「高弟」について「彼らは非常に優秀。聡明であるばかりか努力家で、私はそんな彼らを励まし続けたに過ぎない」と謙虚に答え、幸せそうな表情を浮かべた。

中国工程院外国籍院士でもある藤嶋氏は日本の著名化学者であり、これまでに多くの賞を受賞している。昨年には日本政府から最高の栄誉である文化勲章を受賞したばかりか、ノーベル賞の候補者にもノミネートされた。

東京大学の教授として教鞭を執り、退職後は神奈川科学技術アカデミー理事長に就任。また、科学技術振興機構中国総合研究センター長や東京理科大学長としても、日中両国の科学技術交流、特に両国の若手研究者への協力を積極的に促進し続けてきた。

■「中国の発展は速すぎる」

北京で学術会議に出席し東京に戻った翌日の5月5日は土曜日だったが、藤嶋氏は東京理科大学の学長室で仕事をしていた。狭い室内にはさまざまな賞状が並べられていたが、藤嶋氏が最も重視している「賞状」は彼の教え子たちであり、特に数十人の優秀な中国人留学生を誇りにしている。

1970年代後半、中国の公費訪問学者が、藤嶋氏の研究室を訪れた。そのことをきっかけに藤嶋氏は中国と深い縁を結ぶことになり、その後毎年中国の学術会議に出席し、共同研究を展開し、交流プログラムを推進しており、その回数は現在までに100回以上に及ぶという。

藤嶋氏は40年前に初めて中国を訪れた時のことを、今もはっきり覚えているという。北京の街頭には走る車もほとんど目にすることができず、外国人は指定されたホテルにしか宿泊できず、多くの場所が外国人には開放されていなかった。そして、「中国の発展は速すぎる。中国があれから40年後に、世界も注目する成果を手にするとは、当時誰も予想していなかった」と語った。

藤嶋氏は過去を振り返ると感慨もひとしおだとし、「中国は現在、世界2位のエコノミーとなったばかりか、科学技術力でも世界トップに躍り出た。化学研究を例にとっても、かつての中国にはほとんどまともな実験設備も揃っていなかったが、今や中国の多くの実験条件は日本よりも先進的だ」と話す。

■「祖国に戻り科学研究を進めるべき」

藤嶋氏は教え子の博士課程在学者が中国に帰国して働くことを検討していたとき、「帰国して働くことこそより良い帰着点。ドクターとポスドクで学んだことは、帰国して働くための基礎づくりではないか」と力強く賛同したという。藤嶋氏は教え子を引き止めて日本で働くように勧めたことは1度としてないという。なぜなら留学生は帰国して祖国のために奮闘すべきだと考えているからだという。

藤嶋氏は2006年、自身の研究室で5年間勤務した張●▲氏(ジャン・シントン、●は日へんに斤、▲は丹へんに彡)に対して「君は帰国するべきだ。私はここで仕事を提供し続けることは保証できるが、君の将来の発展は保証できない。君自身のことを考えるならば、祖国に戻り科学研究を進めるべきだ」と話したという。そして張氏は翌年、中国の東北師範大学に戻り教鞭を執り、現在までに博士12人、修士22人を育て上げた。

藤嶋氏は40年間にわたって中国人留学生を30人以上を育て上げた。彼らは博士課程修了後に帰国し、中国の有名学府や科学研究所に勤務している。そんな教え子の中から姚建年(ヤオ・ジエンニエン)氏、劉忠範(リウ・ジョンファン)氏、江雷(ジアン・レイ)氏の3人が中国科学院院士に選ばれている。

■「中国の古典書籍から得るものは非常に多い」

藤嶋氏は今年3月末に東京理科大学の学長を退任し、自分の好きなことにより多くの時間を費やすことができるようになったという。そして、「今やっている2つのことは、どれも中国と関連している。まずは専門的な研究で、光触媒の国際協力を推進すること、2つ目は科学教育活動で、多くの子供たちに理科を好きになってもらうことだ」と語る。藤嶋氏によると、1つ目については、教え子の江雷氏と協力し、毎年何度も訪中しているのだという。また先ごろ藤嶋氏は北京市から、中関村海外戦略科学者としても招聘されたばかりだ。

自然科学者ではあるが、藤嶋氏は中国の古典書籍を100冊以上も読んだことがあるという。藤嶋氏は、「中国の古典書籍から得るものは非常に多い」ということで、小学生の頃から「論語」といった中国古典を学び始めたが、当時はまだあまり中国文化を理解していなかったという。博士課程を修了後、科学研究に従事する中で、中国文化が非常に魅力的であることに突然気づいたという藤嶋氏は、先賢たちの数千年前の言葉は今日の科学研究に対しても、啓発の大きな意義を備えているとの見方を示している。

藤嶋氏は2016年に「科学者と中国古典 名言集」を出版した。藤嶋氏は、「孔子や韓非子など中国の先賢が数千年前に語った言葉は、現代の有名科学者の言葉と非常に似通っている。私はこれを少しずつ記録し、一冊の本にまとめ上げた。若い科学研究者がこの本を読み、知恵を汲み取ることを願う」と述べた。そして藤嶋氏は子供でも読めるよう、妻からの提案を受け昨年、「やさしい 科学者のことばと論語」を出版した。

藤嶋氏はインタビューの最後に、「中国文化の魅力は限りが無く、すべての中国人は自国の文化に自信を持つべきだ」と誠意を込めて語った。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
台湾で「日本人が落としたスマホが無事返還」が大報道されるワケ
中国最新ステルス戦闘機、インド軍機レーダーに検出される
無名の中国人モデル、レッドカーペットで胸をあらわに=「招待していない」ゲラン社が抗議文―カンヌ映画祭
「まだ台湾が中国と認めない航空会社」を中国メディアが指摘、全日空や日本航空も名指し
日本を訪れて中国との違いを目の当たりにすると「中国人は言葉を失ってしまう」=中国メディア

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加