<個別株動向>アステラス薬、国際帝石、昭和真空、沢藤電機、3Dマトリク=15日前場

<個別株動向>アステラス薬、国際帝石、昭和真空、沢藤電機、3Dマトリク=15日前場

  • モーニングスター
  • 更新日:2017/09/15
No image

アステラス薬<4503>―抗がん剤「エンザルタミド」に関し非転移性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象とした第3相臨床試験で、主要評価項目である無転移生存期間の延長が達成される。前日比42円高の1434.5円。

国際帝石<1605>―現地14日のNY原油先物WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)が一時1バレル=50ドル台を回復したことが刺激に。前日比16.5円高の1095円。

昭和真空<6384>―18年3月期第2四半期(17年4-9月)と通期の連結業績予想を修正。量産効果や工場の稼働率向上などで利益予想を引き上げ。前日比300円ストップ高の1550円カイ気配。

沢藤電機<6901>―子会社のエス・エス・デーで不適切な会計処理が判明し、嫌気される。前日比7円安の563円ザラバ引け。

3Dマトリク<7777>―18年4月期第1四半期(17年5-7月)の連結決算は、営業赤字が前年同期から拡大。前日比10円安の671円。◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
住宅ローン「金利の低さ」で選んだら、人生失敗する可能性
トヨタが最も遅れている? 世界は電気自動車へシフトなのに...
満タンで約530キロ走れる ― スズキ「GSX‐S125 ABS」発売
セブン、新型「巨大店舗」が壮観...棚が15cm低い秘密、極限まで顧客ニーズ追求
サラリーマン社長の弊害再び、投資機会逃す日本企業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加